iOS 14、メールとブラウザのデフォルトアプリを変更可能に

本日発表された次期iOSこと 「iOS 14」 は、ついにデフォルトアプリを変更できるようになることがわかった。Appleは 「WWDC20」 の基調講演後に公開したiOSのプレビューページで、「iOS 14」 はサードパーティ製ブラウザ・メールアプリをデフォルトに設定できることを発表した。

デフォルトのブラウザ・メールアプリをサードパーティ製に変更可能に

上記プレビューページによれば、「iOS 14」 はメールアプリとブラウザアプリをサードパーティ製のものをデフォルトに指定できる。これまではデフォルトのメールアプリおよびブラウザアプリはAppleの純正アプリしか指定できなかったが、ついにデフォルトアプリが変更できるように。

デフォルトアプリを変更できるようになることで、たとえばブラウザのアプリをSafariからGoogle Chromeアプリに、そしてメールアプリをGmailアプリに変更できるようになる。つまり、Appleの製品でありながら中心となる作業をGoogleのサービスで利用できるようになるということ。iPhoneとAndroidの両方のデバイスを利用するユーザーにはとても便利そうな変更だ。

この機能は2020年秋リリース予定の 「iOS 14」 で利用できるようになる。本日から開発者向けにiOS 14 betaが提供されており、来月にはパブリックベータテスター向けにiOS 14 Public Betaが提供される予定だ。

関連記事
iOS 14・iPadOS 14が正式発表。すべての新機能をまとめてみた
「iOS 14」 と 「iPadOS 14」のサポート端末まとめ。初代iPhone SEもサポート継続

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。