「iOS 14」 のサポート機種が判明?iPhoneはiOS 13と変わらず、iPadはiPad mini 4/iPad Air 2が対象外に

2020年6月に発表が予想されている次期iOSこと 「iOS 14」 のサポート機種に関する情報がリークか。現地時間26日、仏メディアiPhoneSoftは独自に入手した情報として、次期iOSは現行の 「iOS 13」 と同じ機種をサポートする予定だと報じた。

iOS 14の対応機種は現行のiOS 13と同じになる予定

iPhoneSoftが伝えた情報によると、次期iOSは最新のiPhoneはもちろんのこと、iPhone SEやiPhone 6sといった旧機種もサポート対象としてラインナップしているという。

具体的な対象機種は以下のとおりで、A9以降のチップセットが搭載された機種がサポートされる模様。ちなみに、サポート機種は現行の 「iOS 13」 のサポート機種と同じであるため、「iOS 13」 がインストールできた機種であれば 「iOS 14」 も利用できることになる。

iOS対応機種
iOS 13 iOS 14 
・iPhone 11 Pro / 11 Pro Max
・iPhone 11
・iPhone XS / XS Max
・iPhone XR
・iPhone X
・iPhone 8 / 8 Plus
・iPhone 7 / 7 Plus
・iPhone 6s / 6s Plus
・iPhone SE
・iPod touch (第7世代)
・iPhone 12 Pro (仮)
・iPhone 12 (仮)
・iPhone 9 or iPhone SE 2 (仮)
・iPhone 11 Pro / 11 Pro Max
・iPhone 11
・iPhone XS / XS Max
・iPhone XR
・iPhone X
・iPhone 8 / 8 Plus
・iPhone 7 / 7 Plus
・iPhone 6s / 6s Plus
・iPhone SE
・iPod touch (第7世代)

また、iPhoneSoftは次期iPadOSこと 「iPadOS 14」 についても触れており、こちらのサポート機種についても情報を公開している。

iPhoneSoftの情報によると、「iPadOS 14」 は新たにiPad Air 2(2014年発売)、iPad mini 4(2015年発売)をサポート対象から外すという。ちなみに、iPad Air 2にはA8Xプロセッサ、iPad mini 4にはA8プロセッサが採用されていた。

iPadOS対応端末
iPadOS 13 iPadOS 14
・12.9インチiPad Pro(第1世代)
・12.9インチiPad Pro(第2世代)
・12.9インチiPad Pro(第3世代)
・9.7インチiPad Pro
・10.5インチiPad Pro
・11インチiPad Pro
・iPad Air 2
・iPad Air (第3世代)
・iPad (第5世代)
・iPad (第6世代)
・iPad (第7世代)
・iPad mini 4
・iPad mini (第5世代)
・iPad Pro 2020 (仮)
・12.9インチiPad Pro(第1世代)
・12.9インチiPad Pro(第2世代)
・12.9インチiPad Pro(第3世代)
・9.7インチiPad Pro
・10.5インチiPad Pro
・11インチiPad Pro
・iPad Air (第3世代)
・iPad (第5世代)
・iPad (第6世代)
・iPad (第7世代)
・iPad mini (第5世代) 

この情報の信ぴょう性は現時点では不透明。そもそもこの情報を伝えたiPhoneSoftというサイトのリーク情報は決して高いとは言えないため現時点では噂程度と考えておいた方が良いだろう。ただし、最近のAppleの傾向として最新OSであっても旧機種が広くサポートされることが多いため、「iOS 14」 もそうなる可能性が高い。

例えば今年3月にiPhone SEの次世代機種が登場すると話題になっているが、そうであっても旧機種となる 「iPhone SE」 が引き続きサポート対象に含まれる可能性は十分に考えられそうだ。

関連記事
iPhone 12シリーズはネイビーブルーが新色として追加か。ミッドナイトグリーンは1年で廃止の可能性
iPhone SE 2(iPhone 9)は来月生産開始へ。早くて3月に発売か

[ via AppleInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。