iPhone 12 Pro、やはり3眼カメラとLiDARスキャナが搭載か

今秋の発売が予定されている次期iPhone 「iPhone 12(仮)」 シリーズのうち、上位モデルのiPhone 12 Proには3眼カメラと3Dセンサーの搭載が噂されている。

今年3月に発売した新型iPad Pro(2020)に深度検出用のLiDARスキャナが搭載されたことで、iPhone 12 ProへのトリプルレンズカメラとLiDARスキャナの搭載が濃厚となっているが、これを裏付ける証拠が 「iOS 14」 から見つかった。Concepts iPhoneがその画像をInstagram上で公開している。

iPhone 12 Proの背面カメラは3眼カメラ&LiDARスキャナが搭載?

Concepts iPhoneは、リークされた 「iOS 14」 のファイルの中からiPhone 12 Proの背面カメラ部分の画像を発見した。上記がその画像だ。

現行のiPhone 11 Proに搭載されているようなスクエア型のカメラユニットに3つのレンズが配置されており、さらに右下にLiDARスキャナと思われるセンサーが搭載されている様子が確認できる。また、LEDフラッシュはカメラユニットの中央に移動しているようだ。

この情報の信ぴょう性については現時点ではなんとも言えないが、iPad Pro(2020)にLiDARスキャナが搭載されたことから、同センサーが次期iPhoneに搭載される可能性はかなり高いのではないだろうか。LEDフラッシュの位置など、細かい部分に関しては他の情報を待ちたいところだ。

iPhone 12シリーズに関しては、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で開発に遅れが生じており、最悪の場合は発売が2021年にズレ込む可能性も指摘されている。購入を予定している方は、今後の情報に注意しておこう。

関連記事
iPhone 12、発売は依然として秋予定。ただし状況によっては延期も:Bloomberg報道
iPhone 12、発売は数ヶ月遅れか 最悪の場合、発売が2021年にズレ込む可能性も

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。