正式版 「iOS 15.3」 配信開始。Safariの閲覧履歴やGoogleアカウント情報の流出危機が修正

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間1月26日、Appleは 「iOS 15.3」 を一般ユーザー向けに配信開始した。同OSに対応したiPhone・iPod touchはアップデートが可能だ。

「iOS 15.3」 が一般ユーザー向けに配信開始

「iOS 15.3」 は、「iOS 15.2.1」 で修正できていなかった不具合などが解消されているほか、セキュリティアップデートが行われている。具体的には、Safariの閲覧履歴やGoogleアカウントの一部情報が流出する可能性があった不具合が修正されているとのこと。

iOS 15.3 リリースノート
iOS 15.3には、iPhone用のバグ修正とセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

「iOS 15.3」 がインストールできる端末は以下のとおり。iPhone 6s・iPhone SE (第1世代) 以降のiPhoneとiPad touch (第7世代) が利用可能だ。

iOS 15.3 サポート端末
iPhone iPod touch 
  • iPhone 13 Pro/13 Pro Max
  • iPhone 13/13 mini
  • iPhone 12 Pro/12 Pro Max
  • iPhone 12/12 mini
  • iPhone 11 Pro/11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone SE (第2世代)
  • iPhone SE (第1世代)
  • iPod touch (第7世代)

関連記事
iPhone 13 全種類の性能・違いを比較。iPhone 13 mini/13/13 Pro/13 Pro Max、オススメはどのモデル?
iPhone 13 Pro レビュー | 高性能トリプルカメラでステキな風景を瞬時保存。新プロセッサ&ProMotionテクノロジーで画面動作ヌルサクに
iPhone 13 mini レビュー | 手のひらにスッポリ収まるミニ新型モデル、その良いところと残念なところ

▶︎ iPhone 13シリーズの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。