正式版 「iOS 15.6」 配信開始。ストレージに空き領域がある場合でもエラー表示が表示され続ける問題を修正

現地時間7月20日、Appleは正式版 「iOS 15.6」 を一般ユーザー向けに配信開始した。同OSに対応したiPhone・iPod touchはアップデートが可能だ。

正式版 「iOS 15.6」 が一般ユーザー向けに配信開始

「iOS 15.6」 は、デバイスのストレージに空き領域がある場合でも、「デバイスのストレージがいっぱいです。」 と表示され続けることがある問題を修正されたほか、TV Appで視聴中のスポーツ中継を最初から再生したり、一時停止/早戻し/早送りするオプションが追加されている。

iOS 15.6 リリースノート
iOS 15.6には、機能強化、バグ修正、およびセキュリティアップデートが含まれます。

  • TV Appに、すでに進行中のスポーツ中継を最初から再生したり、一時停止/早戻し/早送りするオプションを追加
  • デバイスのストレージに空き領域がある場合でも、“設定”に“デバイスのストレージがいっぱいです。”と表示され続けることがある問題を修正
  • “メール”でテキストをナビゲートしたときに点字デバイスの動作が遅くなったり、反応しなくなったりする可能性がある問題を修正
  • Safariのタブが前のページに戻されることがある問題を修正

一部の機能は、地域やAppleデバイスによっては使用できない場合があります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

「iOS 15.6」 がインストールできる端末は以下。iPhone 6s・iPhone SE (第1世代) 以降のiPhoneとiPad touch (第7世代) が利用可能だ。

iOS 15.6 サポート端末
iPhone iPod touch 
  • iPhone 13 Pro/13 Pro Max
  • iPhone 13/13 mini
  • iPhone 12 Pro/12 Pro Max
  • iPhone 12/12 mini
  • iPhone 11 Pro/11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone SE (第3世代)
  • iPhone SE (第2世代)
  • iPhone SE (第1世代)
  • iPod touch (第7世代)

関連記事
iPhone 13 全種類の性能・違いを比較。iPhone 13 mini/13/13 Pro/13 Pro Max、オススメはどのモデル?
iPhone 13 Pro レビュー | 高性能トリプルカメラでステキな風景を瞬時保存。新プロセッサ&ProMotionテクノロジーで画面動作ヌルサクに
iPhone 13 mini レビュー | 手のひらにスッポリ収まるミニ新型モデル、その良いところと残念なところ

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。