iOS 15、iPhoneの買い替え時はiCloudストレージ容量を一時的に増やせるように

iPhoneの買い替えが、これまで以上に楽に。現地時間7日、Appleは年次開発者会議 「WWDC 21」 で 「iOS 15」 を正式に発表。同発表内で、新しいiPhoneを購入した際、一時的にiCloudのストレージ容量を多く提供する旨を案内している。(via 9to5Mac)

旧iPhoneからのデータ移行時に一時的にiCloudストレージを増量

今回Appleが発表したのは、新しいiPhoneを購入したユーザーが旧iPhoneからデータ移行をする際に、iCloudバックアップを利用してより快適にデータ移行できるようにする措置。

たとえ無料ユーザー(5GB)であっても一時的に容量を増やし、たくさんのデータをiCloudバックアップ経由で新iPhoneに移行できるようにする。料金は無料で、増やしてもらった分の容量は最大3週間使い続けることができるという。

これにより、新しいiPhoneへの買い替えが今まで以上にスムーズになるはず。今秋にiPhoneの買い替えを検討している方は、ぜひiCloudバックアップを利用していただきたい。

関連記事
Apple、3つの新機能追加した 「iCloud+」 発表。死後の ”アカウント相続” も可能に
「iOS 15」 WWDCで正式発表。新機能やリリース日などまとめ

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。