iOS 15/iPadOS 15、Face IDのセキュリティ性が向上。3Dモデルによる認証突破が不可能に

9月21日、Appleは正式版 「iOS 15」 「iPadOS 15」 の配信を一般ユーザー向けに開始した。

これらの新OSには多数の新機能や変更点が含まれていることが発表されているが、さらにiPhoneやiPad ProのFace IDのセキュリティ性も改善されていることが判明した。

Face IDのセキュリティ向上。3Dモデルによる認証突破が不可能に

Appleが公開したiOS 15/iPadOS 15のセキュリティ内容に関するサポートページでは、登録ユーザーの顔に似せて作成された3DモデルでFace IDが認証できてしまう脆弱性を解消したことが案内されている。

このアップデートにより、他人に3Dモデルを作成されて勝手に自分のiPhoneやiPad Proの認証を解除されてしまうことがなくなったと言えるだろう。

アップデートが適用されたのはFace IDを搭載したすべてのデバイスで、初めてFace IDが搭載されたiPhone Xなどの旧モデルも対象となっている。

対象デバイス

  • iPhone X
  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 13シリーズ
  • 11インチiPad Pro
  • 12.9インチiPad Pro

上記のiPhone・iPad Proをお持ちの方は、Face IDのセキュリティ向上のため、iOS 15/iPadOS 15にアップデートしておこう。

関連記事
iPhone 13 全種類の性能・違いを比較。iPhone 13 mini/13/13 Pro/13 Pro Max、オススメはどのモデル?
iPhone 13 価格比較。Apple公式サイト、ドコモ、au、ソフトバンク安く買えるのはどこ?発売日・予約開始日もチェック

▶︎ iPhone 13シリーズの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。