iOS 15、iPhone 6s/6s Plus、iPhone SEをサポート対象から外すと噂。iPadOSはiPad mini 4とiPad Air 2がサポート外に?

「iOS 14」 は、前OSである 「iOS 13」 でサポートしたデバイスすべてのサポートを継続した。しかし、今秋に配信される次期iOSこと 「iOS 15 (仮称)」 はいよいよいくつかの機種のサポートを外してしまうかもしれない。

フランスメディアiPhoneSoftは、iOS 15でiPhone 6s/6s Plus、iPhone SEがサポート対象から外れる予定であることを報じた。また、iPadOS 15についてもiPad mini 4とiPad Air 2、iPad(第5世代)がサポートから外れる予定であるとも報じている。

iOS 15でiPhone 6s/6s Plus、iPhone SEがサポート対象外に

現行最新のiOS 14は、iOS 13をサポートしたデバイスすべてがサポート継続されているため、iPhone 6s/6s Plusや初代iPhone SEは最新OSを依然として利用することが可能。

しかしながら、搭載プロセッサがA9などかなり前のものが搭載されていることから、最新OSをサポートするには性能的にはやや限界が来ていることもあり、サポートが切られても決しておかしくはないだろう。情報精度が高いThe Verifierの情報とも一部で一致する。

iphonese

ただし、今回の情報を伝えたiPhonesoftの情報精度は ”そこそこ” という感じ。過去にiOS 14のサポートデバイスを的中させた(サポートが切られるデバイスはないとしていた)ことがあるが、同時に予想していたiPadOS 14のサポートデバイスとしてiPad Air 2とiPad mini 4をサポートから外すとしていた。実際はiPadOS 14はiPad Air 2とiPad mini 4をサポートしている。

iPhonesoftによれば、今回の情報はApple内部の人間から得たものであるとのことだが、以前に情報が間違っていたことからその真偽は不明。今回の情報はあくまで噂程度に捉えておいた方が良さそうだ。

関連記事
iPhone SE レビュー | 第2世代になってもTouch IDは現役。安さが取り柄なんて言わせない
iOS 15、iPhone SEとiPhone 6s/6s Plusのサポートを外す可能性

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。