iOS 15、iPhoneのインターネット共有(テザリング)がWPA3に対応

今秋にリリースが予定されている 「iOS 15」 では、インターネット共有 (テザリング) 機能がWPA3に対応する。これまではWPA2までしか対応していなかったため、この変更でより強固なセキュリティが利用可能に。

iOS 15のインターネット共有機能がWPA3に対応

WPA3やWPA2とは、Wi-Fi Allianceが2018年6月に発表したWi-Fiのセキュリティプロトコル。WPAは 「Wi-Fi Protected Access」 の略で、WPA3はWPA2の後継にあたる。

WPS3は、第三者がパスワードを推測する可能性を引き下げ、かつユーザーが指定したパスワードが推奨レベルの強度に達していない場合でも保護能力を強固にできる機能が搭載されている。具体的にはSAEハンドシェイクによって、WPA2の脆弱性だった 「KRACKs」 を無効にできたり、総当たり攻撃 (ブルートフォースアタック) などセキュリティをこじ開けるような行為の対策も可能。

各Apple製品はすでにWPA3のネットワークに接続できるようになっているが、インターネット共有 (テザリング) 機能については、WPA2にしか対応していなかった。

つまり、今秋配信の 「iOS 15」 をインストールすることで、インターネット共有 (テザリング) 機能を利用する場合でも強固なセキュリティが利用できるように。

「iOS 15」 は、今月からデベロッパーベータが提供されている。来月にはパブリックベータ版が公開される予定で、正式リリースは今秋を予定している。

(via MacRumors)

関連記事
iOS 15、iPhoneの買い替え時はiCloudストレージ容量を一時的に増やせるように
「iOS 15」 WWDCで正式発表。新機能やリリース日などまとめ

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。