iOS 15 beta 4、写真上のゴーストを除去する機能が搭載か

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Appleが先月27日に公開したiOS 15の最新ベータ版に、写真上のゴーストを除去する機能が搭載されていることが判明した。米Apple系メディアMacRumorsが、Redditの情報を引用する形で報告した。

iOS 15 beta 4に写真のゴーストを自動除去する機能が搭載か

Redditユーザーの報告によると、「iOS 15 beta 4 (19A5307g)」 をインストールしたiPhoneで、本来ゴーストが発生するような逆光シチュエーションで写真を撮影したところ、撮影後の画像処理の段階でゴーストが除去されていることが分かったという。

ゴーストとは、逆光撮影時など明るい光源にレンズを向けているとき、レンズ内で反射した光が円形に映り込む現象のこと。iPhoneなどスマートフォンのカメラでは逆光時によくゴーストが映り込むことがしばしば。

しかし下記比較写真をみると、そのゴーストが消えていることが確認できる。

ゴースト除去前

ゴースト除去後

同じiPhoneで確認しているため、ハードウェアの性能は変わっていない。つまり、ゴーストを除去したのは 「iOS」 ということになる。Redditのユーザーによると、「iOS 15 beta 4」 から同機能が有効になっているとのこと。

「iOS 15」 には、ゴーストを除去する機能が実装されるとは発表されていない。つまり、サイレントでAppleは同技術を導入したことになる。まだベータテストの段階であるため、今後変更される可能性もあるが、もしこのまま本実装となった場合、「iOS 15」 をインストールすることで撮影した写真にゴーストが写り込まなくなる、あるいは映り込む機会が減る可能性がある。

もちろん、すべてのシチュエーションでゴーストを除去できるとは限らないものの、日常の風景や旅の思い出が写真としてより綺麗に残せるのであれば、嬉しく思うユーザーも多いのではないだろうか。

関連記事
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた
iPhone 12 mini レビュー | 片手で使えるコンパクトさが特徴のミニモデル。その魅力とは?

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。