iOS 16.1、バッテリー表示がゲージ式に戻る。画面ロック中の充電開始アナウンスも復活

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

これまで不満の多かった、iPhoneのバッテリー残量表示。10月にリリース予定のiOS 16.1でようやく改善されるようだ。

9月21日未明に、Appleは開発者向けに 「iOS 16.1 beta 2」 を配信。本ベータ版において、iPhoneのバッテリー残量表示に変更が加えられる予定であることが明らかになった。米9to5Macが伝えている。

バッテリーアイコンのゲージ表示やロック画面の充電開始アナウンスがiOS 16.1で復活

「iOS 16」 では、一部端末において、画面右上のバッテリーアイコンのなかにバッテリー残量を%で表示できるようになったものの、アイコン内のゲージが常にフル状態のような表示になっていたことから、ユーザーから分かりにくいと不評だった。

これを受けて、「iOS 16.1」 ではバッテリー残量を%表示にした際にも、アイコン内のゲージが動的に調整されるようになり、数字だけでなくゲージ量でもバッテリー残量をチェックできるように。かつての%表示のような見やすさを取り戻した。

また、ロック画面においても、充電を開始した際にバッテリー残量を伝えるステータス表示が復活。「iOS 16」 ではロック画面にウィジェット表示が可能となったことで、充電開始時に画面上部に表示されていたアナウンスがなくなってしまっていたが、今回の 「iOS 16.1」 で復活している。

ロック画面におけるステータス表示は充電開始時などに限定され、数秒放置すると再びウィジェットの表示に戻るようになっている。たとえば時刻の上に日付を表示しているなら、充電開始時に日付表示がバッテリー残量表示に変更され、数秒経つとまた日付表示に戻る、といった具合だ。

iPhoneのバッテリー残量表示は、かつてすべてのモデルが%表示に対応していた。しかし、iPhone Xが登場した頃から画面上部のノッチによりステータスバーに十分なスペースを確保できなかったことから、Appleはバッテリーアイコンのみを残し%表示機能を削除。%でのバッテリー残量を確認するには、コントロールセンターやウィジェット等を使用する必要があった。

今秋にリリースされた 「iOS 16」 から、再びバッテリー残量の%表示が可能に。まずiPhone X~iPhone 14シリーズのほとんどのフラグシップモデルで利用可能になっており、10月に正式リリースされる 「iOS 16.1」 でiPhone 13 miniなど一部のモデルで新たに%表示が可能になる。

バッテリー残量表示に関しては多くのユーザーから不満の声があがっていたが、これら一連の変更によってその不満は解消されることになるかもしれない。

関連記事
iOS 16.1でiPhone 12 mini/13 mini、iPhone XR/11でもバッテリー残量%表示が可能に
iPhone 14 Pro レビュー|画面は点灯し続け、ノッチも離岸し島に。その実現手法はまさにAppleの魔法
iPhone 14 全機種を比較:iPhone 14 Plus/Pro/Pro Maxの性能・カメラスペックどう違う?

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

(画像:9to5Mac)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。