iOS 16.2、常時表示ディスプレイで壁紙/通知を非表示にできるように

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、シリーズではじめて画面の常時表示 (常時表示ディスプレイ) に対応した。

画面の常時表示が可能になったことで、iPhoneの画面ロックを解除せずとも時間や通知を見ることができてとても便利になった一方で、画面が明るすぎるためかバッテリー持ちが従来に比べて短くなったこともあり、あえて画面の常時表示機能をオフにして使っているユーザーも多い。

しかし、まもなく配信される次期アップデート 「iOS 16.2」 では、画面の常時点灯機能に改良が加わるようだ。

米Apple系メディアMacRumorsは現地時間15日、「iOS 16.2」 には常時表示ディスプレイを利用しているときに壁紙/通知の表示をオフにすることができるようになると伝えている。

(画像:MacRumors)

設定は、「設定」 の 「画面表示と明るさ」 から可能。壁紙の表示をオフにできるようになることで、画面の黒表示領域を増やしバッテリー駆動時間を長くすることができるようになるとみられる。

現在同機能はベータ版として提供されており、正式リリース時には機能の変更あるいは提供自体を取り止める可能性があるものの、ベータテストがうまくいけば 「iOS 16.2」 のリリースと同時に利用できるようになりそうだ。

関連記事
iPhone 14 Pro レビュー。常時表示に対応した新モデル、カメラ性能やDynamic Islandなど詳しくチェックした

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。