iOS 16 新機能:iPhoneが横向きでもFace ID認証が可能に

今秋リリース予定の次期iOSこと 「iOS 16」 では、ついにiPhoneを横にした状態でもFace IDが利用可能になる。

現地時間6月6日、Appleは 「iOS 16」 の発表にあわせて同OSの新機能をまとめたページを公開。同ページ内にて 「Face IDがランドスケープモード (横向き) で動作するようになる」 と発表している。

これまでiPhoneのFace IDは、縦向き状態でのみ顔の認証が可能だったが、横にした状態でも顔認証ができるようになることで利便性が向上するだろう。

なお、同機能が利用できるモデルについては明記されておらず、本日開発者向けに配信された 「iOS 16 Beta」 でもまだ利用することができないため、対応モデルはまだ不明だ。

追記:開発者向けに配信された 「iOS 16 beta」 より、対応デバイスはiPhone 12/13シリーズに限られる可能性が高いことが判明している。

ちなみに、iPhoneのFace IDについては、最近になってマスクを装着した状態でも解除できるように改善されてきている。

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。