Face IDの横向き認証はiPhone 13シリーズで利用可能。開発者向けベータ版から判明【追記あり】

Appleは今秋にリリースする 「iOS 16」 より、iPhoneを横向きの状態でもFace IDが認証できるようにする。しかし、この横向きの認証は使えるモデルが限定されることがわかった。

本日開発者向けに配信された 「iOS 16 beta」 にて、同機能がiPhone 13シリーズで利用できるようになっていると開発者から報告が上がっている。9to5Macによると、iPhone 12シリーズでも利用できると報告されているが、一部ユーザーからは利用できないとの報告もあることから現時点ではiPhone 13シリーズで利用できるものと考えた方が良いだろう。

筆者も確認したところiPhone 13 Proで利用できたが、友人のiPhone 12 Proでは動作が不安定で正確に認識できているのかは判断がつかなかった。今後対象デバイスの範囲は拡大する可能性はあるが、まずはiPhone 13シリーズをお持ちの方は同機能を試してみていただければと思う。

【追記あり】iPhone 12シリーズにおいて正常な動作が確認できなかったことから、現時点ではiPhone 13シリーズが対応している旨を追記・記事内容を一部変更しました。

ちなみに、iPhoneのFace IDについては、最近になってマスクを装着した状態でも解除できるように改善されてきている。

(via 9to5Mac)

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。