「iOS 16」 新機能まとめ。正式リリース日/ベータテストの実施スケジュールなどなど

現地時間6月6日、Appleは開発者向けイベント 「WWDC22」 の基調講演を実施。次期iOSの 「iOS 16」 を正式発表した。

当記事では、基調講演の発表をもとに 「iOS 16」 の新機能をまとめた。今秋の正式リリースまでの予習にぜひ活用していただきたい。

ロック画面を大幅刷新。Apple Watchのように自由なカスタマイズが可能に

「iOS 16」 の新機能ひとつ目はロック画面の刷新。従来のロック画面の構造を大幅に見直し、Apple Watchのように自由にカスタマイズしたり、複数のロック画面を作成して画面スワイプで切り替えられるようになる。

たとえば人物/動物の写真をロック画面に設定する場合、マルチレイヤーエフェクトにより時刻の数字の前に人物/動物を配置し、奥行きを感じるロック画面が作成可能。被写界深度を調整することで、好みのボケ味を出すことが可能だ。時刻のフォントや色なども自由にカスタマイズできる。

ロック画面にはApple Watchのコンプリケーションに似たウィジェットが採用され、カレンダーのイベントや天気、バッテリー残量、アラーム、時間帯、アクティビティリングの進捗などが表示できる。

ロック画面のギャラリーには、固定のものからアニメーションのものまで多数用意されており、中にはプライド(LGBTQを象徴するレインボーフラッグ)をテーマにしたものもあるとのことだ。

クレイグ・フェデリギ氏は、今回のロック画面の刷新について 「ロック画面の最大のアップデート」 と評している。これらの壁紙/ウィジェット/時刻のフォントや色の変更などの組み合わせは、何百万個にも及ぶとのことだ。

通知 & 集中モード

せっかくカスタマイズしたロック画面が隠れてしまわないよう、通知の表示方法も改善される。

画面下段にまとまって通知が表示されるだけでなく、画面下から通知がロールインし、簡単に非表示にできるように。ライブ通知機能が追加され、音楽の再生やワークアウトなどのアクティビティがリアルタイムに表示されるほか、スポーツの試合内容もリアルタイムで追えるようになる。

さらに、ロック画面と特定の集中モードを連動させられるようになり、対応するロック画面にスワイプで切り替えるだけで集中モードを有効化できる。集中モードを使用すると、カレンダーやメッセージなど各アプリの各種通知のフィルタリングをしたり、止めることができる。

iMessage送信後の編集 および 削除が可能に

メッセージアプリにも、待望のアップデートが到来。送ったメッセージをあとから編集・削除が可能に。タイプミスを修正したり、不必要なメッセージを削除することで相手に正しくメッセージを伝えることができるようになる。

また、メッセージを未読にする機能も追加される。すぐに返信できずにあとで対応したい場合などに有効だ。一度メッセージに既読をつけてしまえば 「すぐに返事をしないと」 と焦燥感に駆られることがあるかもしれないが、同機能を利用することでその必要がなくなり、メッセージのやりとりが以前よりもっと気軽にできるようになるだろう。

SharePlayがメッセージアプリでも利用可能に

これまでFaceTimeで利用できたShare Play機能が、今度はメッセージアプリでも利用可能になる。

「SharePlay」 は、2021年秋より提供されているFaceTimeの機能。ビデオ通話内で、通話相手と一緒にコンテンツを視聴できるというもの。メッセージアプリでも利用できるようになることで、一緒にコンテンツを楽しみながらメッセージアプリでメッセージをやり取りすることが可能になる。

最大6人のユーザーと共同で利用できる 「iCloud共有写真ライブラリ」

写真アプリに、最大6人のユーザーと共同で利用できる 「iCloud共有写真ライブラリ」 が登場。家族や友人と写真を追加したり、編集するなど共同で管理できる。

各ユーザーは、個人のライブラリから写真を共有したり、日付もしくは写真に写っている人をもとに共有することも可能。カメラアプリの切り替え機能を使えば、共有ライブラリに写真を自動的に送信することもできる。

メールの送信予約や送信取り消しが可能に

メールアプリでは、あらかじめメール送信を予約しておき、特定の時刻になったら自動で送信する予約機能が追加されるほか、間違って作成途中のメールを送ってしまった場合でも、受信者のメールボックスに届く前なら送信を取り消すことができる機能が追加される。

また、重要なメールだがすぐに対応できないという場合には、「あとでリマインダー」 機能を使えば、任意の日時にメッセージを再表示することも可能。返信が届いていないメールのフォローアップをするようリマインドする 「フォローアップの提案」 機能も追加される。

メールの検索精度も向上しており、入力ミスの修正や同義語の使用などによって、より正確な検索結果が出せるようになっている。

テキスト認識表示 (LiveText) を動画内でも利用可能に

iOS 16では、テキスト認識表示 (Live Text) が動画でも利用することが可能に。

「テキスト認識表示 (LiveText)」 は、静止画像からテキストをコピーしたり翻訳することができるというものだったが、iOS 16からはビデオに表示されるテキストを認識し、テキストをコピーしたり、翻訳したりできる。利用するには再生を一時停止する必要がある。

認識したテキストからは、さまざまなアクションに繋げることが可能だ。例えば電話番号であればそこから直接電話をかけたり、URLだったらそのウェブサイトに直接飛ぶことができる。通貨であれば他通貨に換算することもできる。

音声入力はより賢く。句読点や読点を自動で挿入

iOSの音声入力機能がさらに賢くなった。キーボードでの文字入力において、音声入力/手入力を組み合わせて使えるようになる。音声入力時にもキーボードは表示され続け、いつでも手で入力できることから今まで以上にスムーズに入力できるようになる。

また、音声入力では句読点や読点を自動で付与してくれるように。日本語に対応するかどうかは不明だが、日本語のiOS 16プレビューでも紹介されていることから将来的には対応しそうだ。ちなみに音声入力で絵文字を挿入できるようになるとのこと。

マップアプリで複数の経由地を設定できるように

純正マップでは、複数の経由地を通って目的地に向かう設定ができるように。最大で15ヶ所の目的地が設定可能で、すべてのデバイスでマップが同期されるようになるため、たとえばMacで調べておいた経路をiPhoneですぐに利用できるようになる。

また、交通機関の運賃の確認や交通系ICカードのウォレットへの追加、残高の確認/チャージなどがマップアプリ内でもできるようになり、ユーザーはマップアプリを離れることなく操作を完結させられる。

ホームアプリのデザイン刷新

ホームアプリのデザインが刷新され、各スマートデバイスがより見やすく、アクセスしやすくなる。再設計されたホームタブでは、気候・照明・セキュリティなどの新しいカテゴリーが加わり、ワンタップで関連するアクセサリにアクセスできるようになった。

また、「iOS 16」 のアップデートにより、スマートホーム機器の共通接続規格 「Matter」 に対応。同規格に対応するスマートホームアクセサリとシームレスに連携できるようになるとのこと。

ウォレットに 「Apple Payで後払い」 「注文の追跡」 が追加

Apple Payで注文したアイテムについて、レシートの確認/追跡をウォレットアプリ内でできるように。

また、ウォレットアプリに入っている部屋の鍵をメッセージ、メール、WhatsAppアプリで安全に共有できるようになった。他人が鍵を使用できるタイミングと場所はユーザーが指定できるとのこと。また一度シェアした鍵を取り消すのも簡単だという。

さらに 「Apple Payで後払い」 機能が米国で利用可能に。Apple Payに対応した店舗やサービスでApple Payを使って支払う場合、6週間で4回の分割払いが利用できる。同サービスはウォレットアプリを経由して、シームレスに利用できるとのこと。利子や手数料は必要ないが、支払いに遅延が発生すると手数料等が請求されることがあるとのこと。

自動車メーカーとの連携でCarPlayが大幅進化

車のカーオーディオで利用できるCarPlay機能が大幅に強化される。これまでカーオーディオのディスプレイのみに表示できていたが、自動車メーカーとの連携により車のメーター部分に至るまですべて統合することが可能に。

車のハードウェアの多くの部分と連携するため、車の走行速度やシフトの位置、エンジンの回転数の表示にも対応する。また、エアコンの操作や時計の表示、天気や気温といった表示も可能になる。地図はドライバーの目の前に表示されるため、より見やすくなる予定。

2023年後半に対応車両が登場予定だが、日本の自動車メーカーからはホンダや日産が参画する予定だという。

iOS 16 対応機種

「iOS 16」 はiPhone SE(第2世代)以降 および iPhone 8/8 Plus以降のiPhoneをサポートする。初代iPhone SEやiPhone 6s/6s Plus、iPhone 7/7 Plusのサポートを終了するほか、iPod touch (第7世代) もサポート対象外となる。

表にまとめると以下のとおり。

iOS 16 サポート端末
iPhone
  • iPhone 13 Pro/13 Pro Max
  • iPhone 13/13 mini
  • iPhone 12 Pro/12 Pro Max
  • iPhone 12/iPhone 12 mini
  • iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone SE (第3世代)
  • iPhone SE (第2世代)

「iOS 16」 は今秋にリリースを予定している。本日から開発者向けにデベロッパープレビューが公開されており、7月にはパブリックベータ版も公開される予定だ。

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

(画像:Apple)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。