「iOS 9.3」から「Wi-Fiアシスト」機能で使ったデータ容量が把握できるように

iphone-ipad-ios

「iOS 9」から導入された「Wi-Fiアシスト」機能だが、今までユーザーが意図しない量のモバイルデータ通信を行うとして一部ユーザーから批判を浴びていた。

これを受けて、近日公開される「iOS 9.3」から、ユーザーは「Wi-Fiアシスト」機能でどれだけモバイルデータ通信を行ったか分かるようになっていることが明らかになった。

「iOS 9.3 beta」から判明

この機能は、デベロッパー向けに公開された「iOS 9.3 beta」ですでに搭載されている機能でユーザーは「Wi-Fiアシスト」機能でどれほどのモバイルデータ通信を利用したかが分かる仕組みとなっている。

wifiassistnewios9d

問題の「Wi-Fiアシスト」機能とは、ユーザーがWi-Fi接続を利用している際、Wi-Fiの接続が一時的に悪くなった時に、自動的にモバイルデータ通信を利用してデータ通信を補う機能だ。

僕も利用している機能で特に弊害を感じたことはないのだが、一部のユーザーからはWi-FIを利用していると思ったら、自身が意図しない量のモバイルデータ通信を使用してしまっていたため、高額な通信料を請求されてしまい、中にはAppleと訴訟に発展したケースもあり、批判されていた。

今回の変更によってユーザー自身がどれだけのモバイルデータ通信を行ったかを把握できるようになったため、安心して同機能を使えるようになった。今まで同機能が怖くて使えなかったという人も、これを機に使ってみてはどうだろうか。

「Wi-Fiアシスト」機能の設定は、「設定」アプリから[モバイルデータ通信]を選択、画面下にある[Wi-Fiアシスト]から。

ちなみにAppleは「Wi-Fiアシスト」機能についてのサポートページを公開している。気になる人はどうぞ!

[ via MacRumors ]

iphone-ipad-ios
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう