iOS 9の普及率、1ポイント増加し71%まで上昇

Appleは開発者向けのサイトで、iOSのバージョン別の普及率を公表した。

前回から1ポイントアップの71%

公開された情報によると、最新の「iOS 9」の普及率は71%になったことが判明した。前回発表されたシェアから比較すると1ポイントの微増になった。

ios9share-to

このデータは12月14日にApp Storeにアクセスした全デバイスが、どのバージョンのOSをインストールしているかを計算したもの。

「iOS 9」以外のOSに関しては、「iOS 8」が21%(前回22%)、「iOS 7」が8%(前回8%)となっており、普及速度は下がっているもの着実に新OSへの移行が進んでいるようだ。

[ via Apple Developer – Support ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。