iOS版 「Google Chrome」 にシークレットモードのロック機能が実装予定。Face ID/Touch IDでロック解除が可能

iOS・iPadOS版 「Google Chrome」 において、プライバシーに関する機能の実装が計画されていることがわかった。現地時間11日、9to5Googleは、Google Chromeのベータ版で “シークレットモードのロック機能” がテストされていると報じた。

シークレットモードをロックして生体認証で解除可能に

9to5Googleによると、最新の 「Chrome」 開発者向けベータ版で、シークレットタブをロックする機能がテストされているという。

同機能はシークレットモードで閲覧しているWebページを他人に見られないようにするためのもの。設定から 「プライバシー」 > 「シークレットタブをロック」 で有効にでき、有効にするとシークレットモードで開いているタブがぼやけて見えない状態になり、再び見るためには生体認証機能 (FaceIDやTouch ID) を利用して本人確認をする必要があるという。

この機能が追加されれば見られたくないページ (タブ) を他人に見られてしまう心配がなくなり、一時的に友人や家族にデバイスを貸す際に安心できるはずだ。

現在、この機能は開発者向けに提供されているベータ版の中でも一部ユーザーのみが利用可能であるとのこと。すでに似た機能がGoogleアプリなどに実装されていることから、特に不具合などがなければ今後のアップデートで正式に配信されることになりそうだ。

関連記事
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた
iPhone 12 mini レビュー | 片手で使えるコンパクトさが特徴のミニモデル。その魅力とは?

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。