【比較】9.7インチ「iPad (第6世代)」は第5世代に比べてどれほど進化を遂げたのか

現地時間3月27日、Appleは米シカゴで教育関連スペシャルイベント「Let’s take a field trip.」を開催。同イベント内で安価な9.7インチ「iPad (第6世代)」を発表した。

同製品は昨年3月に発表された「iPad (第5世代)」の後継モデル。安価でありながら「Apple Pencil」をサポートし、プロセッサには「iPhone 7 / 7 Plus」で採用された「A10 Fusion」チップが搭載されている。

高価な「iPad Pro」以外で「Apple Pencil」が使えるようになったのは同製品が初めて。安価なiPadで「Apple Pencil」を使いたい人にはもってこいの製品と言えるが、その性能は前モデルの「iPad (第5世代)」と比べてどれほど違うのか。

同記事では「iPad (第6世代)」と「iPad (第5世代)」をじっくり比較してみたので、前モデルからどれほど進化したのかを確認していただければと思う。

「iPad Pro」以外で初めて「Apple Pencil」に対応

まずは、以下のスペック表で両iPadの性能を比較してみよう。

  iPad (第6世代) iPad (第5世代)
ディスプレイ Retina ディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
Retina ディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
ディスプレイサイズ 9.7インチ 9.7インチ
解像度 2,048 × 1,536ピクセル (264ppi) 2,048 × 1,536ピクセル (264ppi)
プロセッサ A10 Fusionプロセッサ
M10モーションコプロセッサ
A9プロセッサ
M9モーションコプロセッサ
外向きカメラ 8Mピクセル(800万画素)
F値:2.4
Live Photos
オートフォーカス
パノラマ(最大43Mピクセル)
8Mピクセル(800万画素)
F値:2.4
Live Photos
オートフォーカス
パノラマ(最大43Mピクセル)
ビデオ撮影 1080p HDビデオ撮影(30fps)
720p(120fps)スローモーションビデオに対応
ビデオの手ぶれ補正
撮影中にタップしてフォーカス
1080p HDビデオ撮影(30fps)
720p(120fps)スローモーションビデオに対応
ビデオの手ぶれ補正
撮影中にタップしてフォーカス
内向きカメラ 1.2Mピクセル(120万画素)
F値:2.2
Live Photos
720p HDビデオ撮影
HDR写真およびビデオ
1.2Mピクセル(120万画素)
F値:2.2
Live Photos
720p HDビデオ撮影
HDR写真およびビデオ
センサー Touch ID(第1世代?)
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計 
Touch ID(第1世代)
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計 
スピーカー搭載数 2 2
通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
MIMO対応
Bluetooth 4.2
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
MIMO対応
Bluetooth 4.2
バッテリー

ビデオ / オーディオ再生 : 最大10時間

インターネット利用
Wi-Fi : 最大10時間
4G LTE : 最大9時間

ビデオ / オーディオ再生 : 最大10時間

インターネット利用
Wi-Fi : 最大10時間
4G LTE : 最大9時間

本体サイズ 240.0 × 169.5 × 7.5 mm 240.0 × 169.5 × 7.5 mm
重量 Wi-Fiモデル:469g
Wi-Fi + Cellularモデル:478g
Wi-Fiモデル:469g
Wi-Fi + Cellularモデル:478g
Apple Pencil ×
Smart Connector × ×
カラー シルバー
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
価格 Wi-Fiモデル
32GB:37,800円
128GB:48,800円

Wi-Fi + Cellularモデル
32GB:52,800円
128GB:63,800円

販売終了
(以下は販売当時の価格)

Wi-Fiモデル
32GB:37,800円
128GB:48,800円

Wi-Fi + Cellularモデル
32GB:52,800円
128GB:63,800円

「iPad (第6世代)」と「iPad (第5世代)」の大きな違いは、やはり「Apple Pencil」が使えるようになったこと

「Apple Pencil」は、2015年に初代12.9インチ「iPad Pro」と同時に発売されたスタイラスペン。鉛筆のように本体を動かすことで、傾きや筆圧に応じた線が画面上に現れる。

これまで、「Apple Pencil」は「iPad Pro」でしか使うことができなかったが、今回の「iPad (第6世代)」で初めて「Pro」以外の端末でも利用可能に。格安の「iPad」シリーズで「Apple Pencil」が使えるようになったのは大きな変化だと言えるだろう。

今回のイベントでは主に学生に焦点を当てて説明が行われていたが、学生の他にも、絵を描いたり書類の添削をする機会が多い人にとって、「Apple Pencil」はとても強力なツールだ。

とりあえず「Apple Pencil」を使える環境が欲しいけど、「iPad Pro」ほど高性能な端末を求めていない、そんな人にはぴったりの製品だと言えるだろう。

プロセッサが「A9」から「A10 Fusion」になり、処理性能が向上

「Apple Pencil」が使えるようになった以外に、「iPad (第6世代)」は処理性能もしっかり向上している。

搭載プロセッサは、「iPhone 7 / 7 Plus」で採用された「A10 Fusion」チップ。「iPad (第5世代)」は「A9」チップだったため、単純に処理速度が1世代分向上したと考えている人もいるとは思うが、ちょっと待ってほしい。

「iPhone 7 / 7 Plus」の発売時にも少し騒がれたのだが、実は、「A9」から「A10 Fusion」は製造方法を変えたことで飛躍的に性能が向上しており、1世代分以上の変化があると言っても過言ではない。

実際、「iPhone 7 / 7 Plus」は今後数年間は現役を維持できる性能を持っている。同じプロセッサを搭載した「iPad(第6世代)」も購入してから数年間は余裕で使えるのではないだろうか。

「ゴールド」モデルの色味が若干変化

上記2つの変化のほか、ディスプレイやカメラ性能、バッテリー持ちなどは、従来モデルから特に変化なし。カラーラインナップやストレージ容量も全く同じだが、「ゴールド」モデルだけは色味が少しだけ変化している。

左が第6世代、右が第5世代

従来モデルと比べるとその差は明らか。「iPhone 8 / 8 Plus」の側面に使われている色によく似た、少しピンク色が強めのゴールドだ。

おそらくだが、Appleが「iPhone 8 / 8 Plus」のゴールドと色味を揃えてきたのは、同じApple製品内で色を統一したかったのではないだろうか。この感じだと、今後発売されるiPadも同じような色味になる可能性が高い。

「iPad (第6世代)」はこれほど変化しても価格が据え置き

以上が「iPad (第6世代)」と「iPad (第5世代)」の違いだ。仕様変更があった箇所は少ないが、「Apple Pencil」への対応と「A10 Fusion」チップの搭載はかなり大きな変化であることがお分かりいただけただろうか。

また、これほどの変化があったにも関わらず、価格は据え置きなのが何より嬉しいところ。「iPad (第6世代)」は安さも相まって、かなりの販売台数を記録することになりそうだ。

iPad (第6世代)」の注文受付はすでに始まっており、32GBモデルは37,800円、128GBモデルは48,800円から購入可能。これから注文した場合、3月30日から4月3日の間に配送される見通しだ。

注文する場合はApple公式サイトからどうぞ。

▶︎ 9.7インチ「iPad」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。