Apple、新型9.7インチ「iPad」を正式発表 iPad Pro以外でApple Pencilに対応した初モデル、価格は329ドル

現地時間27日、Appleは教育関連イベント「Let’s take a field trip.」を米シカゴで開催。同イベントでは、以前から噂されていた低価格iPadの「iPad(9.7-inch)」が発表されている。

今回発表された新型9.7インチ「iPad」は、2017年3月に発売した「iPad(第5世代)」をベースに作られた新型モデル。大きな変更点として「Apple Pencil」に対応したことが挙げられる。

搭載プロセッサは「iPad Pro 10.5-inch」モデルと同じ「A10Fusion」、処理能力は大きく向上している。外向きカメラは800万画素、内向きカメラには「FaceTime HD」カメラが搭載。バッテリー持ちは約10時間、ホームボタンには「Touch ID」が搭載されている。

価格は329ドル、学校(教育機関)向けは299ドルと、性能に比べてかなり安く世界中でバカ売れする予感。予約は本日から、今週中に発送する予定であるとのこと。発売は日本を含む25カ国。

「Pages」「Numbers」「Keynote」などのiWorksアプリがアップデートによって、「Apple Pencil」に対応するとのこと。これらのアプリケーションは全て同モデルに内蔵されているとのことだ。

予約する場合はこちらからどうぞ。

▶︎ iPad 9.7-inchの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。