iPad (第7世代)、メモリ容量が3GBに増えたことが明らかに

Appleが今月7日に発表した無印iPadの第7世代モデル、「iPad (第7世代)」 。メモリ容量が先代モデルの 「iPad (第6世代)」 から増えたことが明らかになった。

「iPad (第6世代)」 に搭載されていたメモリは2GBだったが、「iPad(第7世代)」 に搭載されているメモリは3GBであるとのこと。海外の著名デベロッパーSteve Troughton-Smith(@stroughtonsmith)氏が報告している。

iPad (第7世代)はメモリが3GBに増量

同氏はXcodeの中から、「iPad(第7世代)」 のメモリ容量に関する記述を発見。ここから 「iPad(第7世代)」 のメモリ容量が3GBであることを突き止めた。

この情報はおそらく事実だろう。なぜなら、Xcodeには2019年の新型iPhone 3機種のメモリ容量に関する記述も存在し、いずれのモデルも4GBであることが判明していた。そしてのちに公開された先行レビューでそれが事実であることが確認されたため、Xcodeに記載されている情報は “真実” である可能性が極めて高い。

ちなみにメモリ容量が3GBであるということは、現在販売されている 「iPad Air (第3世代)」 と同じメモリ容量であるということ。メモリ容量でどちらのモデルを購入するかは考える必要はなさそうだ。

「iPad (第7世代)」 の詳しい情報についてはこちらの記事から確認ができる。また、Apple公式サイトでは各iPadを比較することができるため、そちらも要チェックだ。

関連記事
「iPad (第7世代)」 が正式発表 10.2インチの液晶ディスプレイ搭載&スマートキーボードに対応
正式版 「iOS 13」 は9月19日(木)にリリース 「iPadOS 13」 は9月30日(月)にリリースへ

▶︎ iPad (第7世代)の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。