新型iPad miniは2021年後半に発売と著名アナリスト伝える。以前には9インチ画面搭載との情報も?

2023年に折りたたみ式iPhoneを発売すると、最新の投資家向けレポート内で伝えた著名アナリストMing-Chi Kuo氏。同アナリストは同じレポートのなかで、新型iPad miniが今年後半に発売する計画であると伝えた (via 9to5Mac)。

新型iPad miniが今年後半に発売か

新型iPad miniについて、Kuo氏は詳細を伝えていないものの、以前に9インチの画面を搭載するとしていたことから、待望のベゼルレス化モデルとなる可能性がある。

ただし、国内メディアMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)は8.4インチに画面サイズが大きくなるとも伝えていたことから、ベゼルが多少狭くなるだけでホームボタンは引き続き維持される可能性もある。

いずれにせよ、新型iPad miniはしばらく新製品が投入されていないことから、近い将来に新型モデルが登場するかもしれない。もしKuo氏の予想どおり 「今年後半」 に登場するのであれば秋あたり (9月~11月) の間に投入される可能性もありそうだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。