iPadにもMプロセッサが搭載か。3nmプロセス採用したプロセッサ、TSMCが2022年製造へ

2020年、Macは大きな進化を遂げた。IntelプロセッサからApple独自のM1チップを搭載したことで、CPU・GPUともに処理性能が大幅に向上。さらに発熱が少なくバッテリー持ちも大幅に伸びた。

このMプロセッサの恩恵は今度はiPadにももたらされるのかもしれない。台湾メディア経済日報は現地時間23日、Appleは新型MacとiPad向けMプロセッサを台湾TSMCが製造することで合意したことを伝えた。

Mシリーズチップが2022年発売のiPadにも搭載?

TSMCが製造するチップは3nmプロセスを採用したものになるとのこと。2022年に大量生産が開始される予定だという。

3nmプロセスを採用した次世代チップは、iPhone、iPad、Macに搭載される予定。そのうちiPhoneにはAシリーズ、iPadとMacにはMシリーズが搭載されることが予想される。

AシリーズとMシリーズの違いは現時点では言及されていないが、3nmプロセス採用チップは現行の5nmプロセス採用チップに比べて効率的かつ高速に処理ができるようになるなど性能が向上するとみられている。

ちなみに3nmプロセスを採用したチップ開発にはAppleだけでなくSamsungも投資を拡大しており、数年以内に登場するスマートフォンに導入されることが予想される。

関連記事
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証
iPad(第9世代)が2021年春に発表との噂。10.5インチのディスプレイ、A13プロセッサ搭載?

[ via Cult of Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。