「Face ID」を搭載したiPad Proが4月~6月に登場か

以前から、Appleは顔認証機能「Face ID」を搭載したiPad Proを開発していると噂されている。一時は今春に発売することが予想されていたが、著名アナリストのレポートによると、同端末は今年の4月~6月の間に登場する可能性が高いという。

この予想を立てているのは、Rosenblatt証券のアナリストJun Zhang氏。彼は、「Face ID」を搭載したiPad Proが2018年第2四半期に登場することを予想している。

Face IDが搭載されたベゼルレス「iPad Pro」が登場

同アナリストによると、新型iPad Proはホームボタンが廃止され、ベゼルが狭くなるフルスクリーンモデルになると予想。価格の上昇を抑えるために、有機ELディスプレイではなく従来通り液晶ディスプレイが採用されるものとみられる。

ディスプレイサイズは明らかになっていないが、一部のメディアは10.5インチモデルと12.9インチモデルの登場を予想している。筐体を維持しつつ、ディスプレイサイズがわずかに大きくなるのか、ディスプレイサイズを維持しつつ筐体がコンパクトになるのかは分からない。

ただし、これと同じことが起こった「iPhone X」は筐体のサイズもディスプレイサイズ、どちらにも従来端末から変更があったことから、新型iPad Proも従来端末のデザインから大きく変更がある可能性がある。

「Face ID」がiPad Proに搭載されるのは悪くない話だが、現在の仕様を考えると、少しばかり気になる点もある。

まずは端末を横向きにした時に、顔認証ができないということ。現に、「iPhone X」では実際に横向きで認証することができない。iPadは横向きで使う機会の多い端末になるため、改善が必要になるだろう。

上記はiPad Proに搭載されているジャイロセンサーを利用すれば解決は簡単だと思うのだが、問題は複数人で利用する場合についてだ。現在の「Face ID」はシングルユーザーのみをサポートしており、端末の所有者の顔しか覚えることができない。

これまでは「iPhone X」のようなパーソナルな端末用の機能だったため、特に問題はなかったわけだが、iPadの場合は家族間で共有し使うことがあることから、複数人の顔を覚えておけるようにした方が便利なはず。

もちろん、「決済用に使える顔」は個別に設定できるようにする必要があるが、少なくとも複数の指を登録できた「Touch ID」を廃止するのであれば、代替できる機能は搭載するべき、と筆者は考える。Appleなら、これらに対して細かい配慮ができるのではなかろうか。

兎にも角にも、今回の情報が正しいと仮定するならば、Appleは開発者向けイベント「WWDC 2018」に同端末を発表するかもしれない。「WWDC 2018」はいまだに開催時期が発表されていないが、会場のスケジュールから推測すると6月3日から6月8日の間に開催される確率が高い。

ちなみに、Appleは今春(3月)に、上記のベゼルレスモデルとは異なる新型iPadを用意しているとも報じられている。

これは「iPad(第5世代)」をさらに安くしたモデルになるとのことだが、これらに関する情報は驚くほど少なく、本当に新型モデルが発売するのか、それが明らかになるのはもう少し後になるかもしれない。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。