新型iPad Air・iPhone SE、高性能Mac mini、iMac Proが今春発表?iMac Proは12コアCPU搭載との噂

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

今春、Appleは複数の新製品を発売する計画と報じられている。発売が予定されている製品は、新型iPad Air・新型iPhone SE、高性能Mac mini。さらに、新型iMac Proも今春に発売する見通しであるとのこと。

この情報を伝えているのは、Twitterなどで活躍する著名リーカーのひとり Dylan (@dylandkt)氏。同リーカーは、Appleが今春に新製品発表イベントを開催し、これらの製品を発表すると伝えている。

Dylan氏が予測する春の新製品

  • 新型iPhone SE (5G対応)
  • 新型iPad Air
  • 高性能Mac mini (M1 Pro / M1 Max搭載)
  • 新型iMac Pro

このうち、iPhone SEとiPad Air、Mac miniの新型モデルについては春の新製品発表イベントでの発表となるとのこと。iMac Proについては “今春に向けて順調に進捗中” としていることから、春のイベントではなく、別タイミングでの発表となる可能性もありそうだ。

iPhone SE(第3世代)
新型iPhone SEは、4.7インチ級のサイズを搭載するなど現行のiPhone SEのデザインをそのまま維持する見通し。5Gに対応し、A15 Bionicプロセッサを搭載するなど内部のアップデートが実施される予定。

iPad Air(第5世代)
iPad Airについても現行モデルのデザインを踏襲し、性能のアップグレードが期待されている。

Mac mini (2022/ハイエンドモデル?)
Mac miniについては、2019年11月に発売したM1チップ搭載モデルをさらに進化させたハイエンドモデルが投入されることが期待されている。M1 Pro / M1 Maxチップが搭載されることで処理能力が向上するとの情報がある。

iMac (2022 / iMac Pro?)
iMac ProはIntelプロセッサを搭載したiMac 27インチを置き換える存在として期待されている製品。M1チップを搭載した24インチiMacよりも大型で、M1 Pro・M1 Maxチップを搭載するなどでMac miniと同様に性能向上するとの噂。名称については、iMacあるいはiMac Proのどちらになるか定かではないものの、Dylan氏によればプロユースモデルであることを意識し、「iMac Pro」 となり、M1 Proチップよりも性能の高い12コアCPUを搭載したチップが搭載される可能性があるとのこと。

これらのモデルはいずれも今春に発売するとみられているが、とはいえiMac Proに関しては昨今の半導体不足などの理由から投入時期が遅れる可能性もあるという。いずれも多くのユーザーが登場を待つ期待の新製品だが、無事に発売されるだろうか。

関連記事
24インチiMac (M1, 2021) レビュー。新デザインで可愛くなった主力デスクトップMac、新チップによる性能向上を検証
iPad Pro 2021 レビュー | 新型モデルは何がスゴイ?M1チップなど性能を検証してみた

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。