iPad Air(第3世代)、画面に何も表示されなくなる問題が一部で発生 修理プログラムが提供開始

3月7日、Appleは 「iPad Air(第3世代)」 に ”画面に何も表示されなくなる問題” が一部で発生していることが判明したとして、「iPad Air(第3世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム」 を提供開始することを発表した。

該当するデバイスをお持ちの方は、AppleまたはApple 正規サービスプロバイダにて無料で修理することが可能だ。

iPad Air(第3世代)で画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラムが実施

Appleによれば、2019年3月~10月に製造されたiPad Air(第3世代)で、画面が真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる現象が起こることがあるとのこと。また、真っ黒になる前に画面が一瞬ちらついたり光ったりすることがあるという。

この問題に対処するため、Appleは 「iPad Air(第3世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム」 の提供を開始する。

修理はApple Store直営店もしくはApple正規サービスプロバイダにて可能。修理開始前に、Appleにて実機検査が行われ、本プログラムの対象かどうか検証が行われるという。また、(可能であれば) 修理に出す前にiCloudまたはコンピュータでiPad Air(第3世代)のバックアップを取得しておくことが推奨されている。

本プログラムは、対象となる 「iPad Air(第3世代)」 の最初の小売販売日から2年間適用されるとのこと。同問題が発生するのはあくまで”一部”としているが、将来的に発生することも考えられるため、「iPad Air(第3世代)」 をお持ちの方はぜひ同プログラムで修理依頼を。修理依頼はこちらのサポートページから。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。