次期iPad AirはUSB-Cコネクタが搭載か。iPad Pro(11インチモデル)をベースに開発中?

次期iPad AirにはUSB-Cコネクタが搭載される可能性がある。Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)が3日、中国サプライヤーからの情報として報じた。

次期iPad AirにはUSB-Cコネクタが搭載へ

次期iPad Airは2020年内に登場すると言われている。今年5月にTF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏が 「10.8インチの画面を搭載した新型iPadが2020年に発売する」 と伝えていた。他のリーカーやアナリストからも同様の情報が提供されていることから、その可能性は徐々に高まっている状態だ。

そして、このiPad AirにはUSB-Cコネクタが搭載されるというのが、今回のMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)の情報。

iPad Pro (2018, 11インチ)

そもそも次期iPad Airは、iPad Pro (11インチモデル/2018) をベースに開発されているとの噂。これにともなって搭載コネクタが従来のLightningコネクタではなく、現行のiPad ProとおなじUSB-Cコネクタになる可能性があるということだ。もし事実であれば、iPad Airは急速充電や外部ディスプレイへの画面出力、さらにはUSB-Cデバイスと直接的に接続できるようになるかもしれない。

ただしiPad Proをベースに作られているとは言っても、iPad Airは低価格モデルということもあり、しっかりと差別化が図られているようだ。

大きな違いがあるのはカメラ性能。最新のiPad Proにはデュアルレンズカメラ+LiDARセンサーが搭載されているが、iPad Pro (11インチモデル/2018) をベースに作られているため、背面カメラはシングル仕様になるものとみられる。

ちなみに、Macお宝鑑定団Blog(羅針盤) によれば次期iPad miniも開発中で、そちらにはLightningコネクタが引き続き搭載されるとのこと。前述のアナリストKuo氏は、新型iPad miniの画面サイズは8.5~9インチと予想しているためベゼルレス化に伴ってUSB-Cコネクタが搭載されるというわけではないようだ。

関連記事
Apple、23インチ 「iMac」 と11インチ 「iPad Air」 を今年後半に発表か。ミニLEDディスプレイ搭載製品は開発に遅れ
10.8インチiPadが2020年、8.5~9インチiPad miniが2021年発売か ARヘッドセットも2022年登場

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。