Apple、9.7インチ「iPad Pro」が文鎮化する不具合があった「iOS 9.3.2」を取り下げ

先日、セキュリティーアップデートや安定性の向上が含まれた「iOS 9.3.2」が正式にリリースされたが、一部のユーザーから、9.7インチ「iPad Pro」のアップデートを行うと、端末が文鎮化してしまうという不具合の報告が相次いでいた。

Appleはすでにこの不具合の発生を認めており、「iTunesでの復元が出来なかった場合はAppleサポートに連絡してほしい」との旨を発表していたが、MacRumorsによると、昨日Appleは9.7インチ型iPad Pro「iOS 9.3.2」のアップデートを取り下げていることが明らかになった。

不具合が修正されたバージョンがリリースされるのはまだ先か

bricked-ipad

MacRumorsによると、昨日Appleは、9.7インチ「iPad Pro」向け「iOS 9.3.2」の公開を停止しており、現在は「iOS 9.3.1」が最新バージョンとして提供されていることが明らかになった。

この問題は、9.7インチ「iPad Pro」で「iOS 9.3.2」にアップデートすると、「エラー56」というエラーが表示され、端末の再起動ができなくなる「文鎮化」が発生しているというもの。

この不具合が発覚後、Appleはこの不具合の解消に向けて動いているようだが、不具合の修正にどれほどかかるのかなどの詳しい情報はまだない。

iOS9.0.1

今回の不具合は必ず起こるわけではなく、あくまで一部のユーザーのみに発生しているようだが、一度文鎮化してしまうとまともに使えなくなってしまうことから、多くの9.7インチ「iPad Pro」ユーザーが不具合解消版の公開を待っている状態だ。

今回、Appleが「iOS 9.3.2」を取り下げたことで文鎮化してしまうことはなくなると思われるが、まだ端末にインストールデータが残っている場合はインストールしてしまわないように気をつけよう。

もし間違ってインストールしてしまい文鎮化してしまった際はApple Supportに連絡することで対処してもらえるはずだ。

[ via MacRumors ]

bricked-ipad
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう