iPad miniと10.2インチiPadがAmazonブラックフライデーで10〜15%オフセール中。整備済iPadもお安く

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

本日11月25日より開催されている 「Amazon ブラックフライデー」 で、一部のiPadシリーズが特価販売されている。

対象になっているのは、iPad miniと10.2インチiPad。iPad miniは、初のベゼル化を果たした最新の第6世代モデル。64GBモデルと256GBモデルが用意されており、64GBモデルは78,800円→67,740円、256GBモデルは102,800円→87,210円で購入できる (いずれも税込) 。

iPad mini (第6世代)
64GB:78,800円 → 67,740円 (11,060円オフ/14%オフ)
256GB:102,800円 → 87,210円 (15,590円オフ/15%オフ)

(画像:Apple)

iPad(第9世代)は、10.2インチの画面を搭載したモデル。2020年9月に発表した 「iPad(第8世代)」 の後継モデルとして登場した製品だ。搭載ポートはLightning。

内蔵プロセッサはA13 Bionicで、先代モデルに比べて20%高速。TrueToneテクノロジーもサポート。周辺の環境光に応じて正しい色味の表現が可能だ。

また、フロントカメラは1200万画素の超広角に対応し、ビデオ通話時のセンターフレーム機能もサポートする。カメラが自分の顔を自動追従し、ユーザーのいる場所に応じてちょうど良い具合にズームイン・ズームアウトしてくれる。

64GBモデルと256GBモデルが用意されており、64GBモデルは49,800円→44,839円、256GBモデルは71,800円→64,650円で購入できる。

iPad (第9世代)
64GB:49,800円 → 44,839円 (4,961円オフ/10%オフ)
256GB:71,800円 → 64,650円 (7,150円オフ/10%オフ)

また、Amazonで整備済品も多少お安くなっているため、そちらも要チェック。iPad ProやiPad Airなども対象になっている。

Amazon ブラックフライデーとは

Amazon ブラックフライデーセール」 は、11月25日(金)0時から12月1日(木)23時59分までの7日間にわたって開催される年末のビッグセール。今年は 「さぁ、ビッグセールで最高のご褒美を。」 をテーマに、ユーザーの豊かな暮らしに欠かせない商品を豊富に取り揃え特別価格で提供する。

セール期間中は、最大1万ポイントが還元される 「ポイントアップキャンペーン」 に加えて、今年のプライムデーで好評だった 「プライムスタンプラリー」 が実施される。両キャンペーンを利用するにはエントリーが必要になるため、まずはキャンペーンページをチェックしていただきたい。

関連記事
Amazonブラックフライデー2022 まとめ。オススメ・目玉商品を各キャンペーンでお得に買い物しよう

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
Amazon、Prime Videoおよび関連する全てのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
Amazon、Amazon Musicは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

注:当記事に掲載されている価格など可変的情報については、記事掲出時のものであることに注意してください。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。