新型iPad miniが2019年春に登場か ただし信ぴょう性は不明

一部ユーザーに待望されている新型iPad miniは、早ければ来月にも登場する可能性が出てきた。台湾メディア工商時報が、次期iPad miniの存在を明らかにしており、Appleは2019年にも同モデルを発売する予定だと伝えている。

工商時報が伝えている情報は非常に限定的で、どんな端末になるのか、またいつ発売するのかなど詳細は明らかにされていない。しかし、分かっていることとして、今月末にも出荷が開始される予定であると伝えている。信ぴょう性は定かではないが、これが事実であれば、来年初めには新型iPadが発売する可能性もあり得ることになる。

新型iPad miniが来年初めに発売?

この新型iPad miniの噂が登場したのは今回が初めてではなく、TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が既に新型iPad miniの存在をリークしていた。しばらくアップデートが実施されていないiPad miniシリーズだが、決してAppleは忘れ去ったわけではなく、一部のiPad miniファンのため、新型モデルの開発を行っているとみられている。

ただし、これまでの噂を参考にすると、iPad Proのような高性能な端末になる可能性は極めて低く、今まで通り、ホームボタンやLightningポートが搭載され、プロセッサなど一部がアップデートされるだけのマイナーアップデートモデルになる可能性が高い。

ちなみに、工商時報は新型iPad miniだけでなく、「iPad」 についても新型モデルの登場を予想しており、現行の9.7インチから10インチ程度に画面が大きくなるとしている。もちろん、端末サイズを大きくする意味はほぼないと考えられるため、こちらはiPad Proと同じベゼルレスの道を進むことが予想される。

[ via EMSOne ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。