iPad mini 6の画面サイズは8.3インチ、Ross Young氏が伝える

ディスプレイ業界に精通するRoss Young氏が、まもなく登場予定の新型iPad miniに関する情報を伝えている。

同氏の報告によると、新型iPad miniの画面サイズは8.3インチになるとのこと。現行の7.9インチから0.4インチ分 大きくなるようだ。

iPad mini 6には8.3インチのディスプレイが搭載か

Ross Young氏は、DSCC (Display Supply Chain Consultants) CEOを務める人物。

Appleの未発表製品に搭載されるディスプレイについて、サプライチェーンから入手した独占情報を伝える人物として有名。これまで複数の未発表製品に関する情報を提供しており、その的中率はそれなりに高い。

先日、台湾メディアDigiTimesが、新型iPad miniはミニLEDディスプレイを搭載すると報じていたが、Ross Young氏はこれを否定。新型iPad miniは従来の液晶ディスプレイを搭載すると伝えていた。

iPad mini(第5世代)

そして、今回の情報。これまで新型iPad miniのディスプレイサイズは、著名アナリストMing-Chi Kuo氏が伝えていたように8.5〜9インチが濃厚とされていたが、Ross Young氏は8.3インチであると伝えている。

つまり、同氏の情報が正しければiPad mini(第6世代)は現行モデルから筐体サイズは変わらず、ディスプレイだけが大きくなることになる。

これを実現するためには、ホームボタンを廃止する必要がある。ただし指紋認証が廃止されるかどうかについてはわかっておらず、iPad Air(第4世代)のようにサイドボタンに指紋認証センサーが埋め込まれるのか、それともiPad ProのようにFace IDが搭載されるかはわかっていない。

iPad Air(第4世代)の電源ボタン内蔵Touch ID

なお、内部仕様については不明なことも依然として多いが、9to5Macは先日、新型iPad miniにはA15プロセッサ、USB-Cポート、Smart Connectorが搭載されると伝えていた。これらの情報が正しければ、Bloombergの言う通り、iPad miniは “過去9年間で最大の再設計” を迎えることになりそうだ。

BloombergのMark Gurman氏によれば、新型iPad miniは今年後半に登場する予定。おそらく今後数ヶ月以内に発売することになるだろう。

(via MacRumors)

関連記事
iPad mini 5 (2019) レビュー | 持ち運びタブレットの決定版。Apple Pencil対応で究極の小型デジタルスケッチブックに
iPad 2021 全モデルの性能・違いを比較。iPad Pro・iPad Air・iPad mini・無印iPad、あなたにオススメはどのモデル?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。