今秋リリースのiPadOS、iPadのキーボードショートカットが多数追加

今秋リリース予定の次期iPad向けOSこと 「iPadOS」 で、新しいiPadのキーボードショートカットが追加される。Appleは 「WWDC 2019」 の基調講演で、これらの新しいキーボードショートカットを発表した。

Appleの発表によると、追加されるキーボードショートカットは以下のとおり。

操作 入力キー
リーダーをデフォルトのフォントサイズに戻す Command + 0
リンクをバックグラウンドで開く Command + tap
ダウンロードマネージャーを開く・閉じる Command + Alt/Option
新規ウィンドウでリンクを開く Command + Alt + tap
使用したセクションを検索で使用 Command + E
ページをメールで送る Command + I
新規タブでリンクを開く Command + Shift + tap
リーダーのテキストサイズを小さくする Command + –
拡大 Command + +
縮小 Command + –
ページを保存 Command + S
フォーカス要素を変更 Alt/Option + tab
スマート検索ボックスにフォーカス Command + Alt/Option + F
ウェブビューを閉じる Command + W
リンク先のファイルをダウンロード Alt + tap
リーディングリストに追加 Shift + tap
他のタブを閉じる Command + Alt/Option + W
画面スクロール arrow keys
フォーマットしないでペースト Command + Shift + Alt/Option + V
新規プライベートタブを開く Command + Shift + N
本来のサイズに戻す Command + 0
検索結果を開く Command + Return
ブックマークを開く・閉じる Command + Alt/Option + 1

このキーボードショートカットが使えるのは、AppleがiPad向けに販売しているSmart Keyboardやサードパーティから販売されている外部キーボードを接続している場合のみで、ソフトウェアキーボードでは利用することはできないので注意が必要だ。

同機能は今秋リリースの 「iPadOS」 から利用できる。本日からデベロッパープレビューが開始されていて、今年7月にはパブリックプレビューが公開される予定。正式リリースは今秋を予定している。

関連記事
iPad用の新OS 「iPadOS」 が正式発表 同じアプリの2画面表示が可能、便利なジェスチャー操作が追加
【実機映像】遂にiPhoneやiPadでマウスが使えるように。「iOS 13/iPadOS」 のアクセシビリティにマウスのサポートを追加

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。