Apple、「iPadOS Public Beta」 を配信開始

現地時間6月24日、Appleは 「iPadOS」 の初のパブリックベータ版 「iPadOS Public Beta」 をリリースした。Apple Beta Software Programに登録しているユーザーは同ベータ版の利用が可能だ。

「iPadOS Public Beta」 は、Appleが提供する次期iPadOSのパブリックベータテスト版。

「iPadOS Beta」 は、Apple Developer Programに登録しているユーザーのみが利用可能だが、「iPadOS Public Beta」 は対応端末を持っているユーザーなら誰でも利用することが可能だ。当初は7月にリリースとアナウンスしていたが、どうやらリリース時期が早まったようだ。

今回配信された 「iPadOS Public Beta」 は、すでに開発者向けに配信されている 「iPadOS Beta」 と実質的に同じものが配信されていると予想される。正式版ではないため未知の不具合に遭遇する可能性があるが、いち早く次期iPadOSを体験できる。試してみたい場合は、サブ端末などへのインストールをオススメする。

同パブリックベータ版を利用するには、Apple Beta Software Programに各デバイスを登録する必要がある。詳しい登録方法はこちらの記事から確認を。

▶︎【解説】「iOS 13」 「iPadOS」 のパブリックベータをインストールする方法


「iPadOS」 は、iOSと同じ基盤をもとに構築されているが、iPhoneよりも大きな画面を生かして効率よく情報を表示し、よりPCに近い使用感になるよう改良が加えられているのが大きな特徴だ。Split Viewで同じアプリを並べることができるようになったほか、新しいジェスチャー機能が追加されたことで、従来より便利にメールや書類が作成できるようになっている。

「iPadOS」 の新機能・変更点については以下の記事をご覧いただきたい。

関連記事
iPad用の新OS 「iPadOS」 新機能まとめ 同じアプリの2画面表示が可能、便利なジェスチャー操作が追加

「iPadOS 13」 がインストールできる端末は以下の通り。

iPad Pro その他のiPad
12.9インチiPad Pro(第1世代)
12.9インチiPad Pro(第2世代)
12.9インチiPad Pro(第3世代)
9.7インチiPad Pro
10.5インチiPad Pro
11インチiPad Pro
iPad Air 2
iPad Air (第3世代)
iPad (第5世代)
iPad (第6世代)
iPad mini 4
iPad mini (第5世代)
▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。