Apple、正式版 「iPadOS 13.3」 をリリース モバイルデータ通信設定がオフと表示される問題が解消

現地時間12月10日、Appleは一般ユーザー向けに正式版 「iPadOS 13.3」 をリリースした。iPadOS 13に対応しているデバイスは同バージョンへのアップデートが可能だ。

正式版 「iPadOS 13.3」 がリリース

「iPadOS 13.3」 は、スクリーンタイムで子どもが電話やFaceTimeで通話できる相手を保護者が制限できるようになり、連絡先リストに表示される連絡先を管理する機能が追加されるなど同時にリリースされた 「iOS 13.3」 とほぼ同じ内容になっている。

また、モバイルデータ通信設定がオフと表示される問題も解消しているようだ。

iPadOS 13.3には、改善とバグ修正並びにスクリーンタイムのペアレンタルコントロールの追加機能が含まれます。

スクリーンタイム
• 新たに追加されたペアレンタルコントロールの機能でお子様が通話、FaceTime、メッセージできる相手を制限可能
• 親または保護者は、お子様用の連絡先リストを使用して、お子様のデバイスに表示される連絡先を管理可能

株価
• リンクの記事と関連した記事や同じ出版物の記事をそのまま閲覧可能

このアップデートにはバグ修正とその他の改善も含まれています。このアップデートには以下が含まれます:
• “写真”でビデオをトリミングしているときに新しいビデオクリップの作成が可能
• SafariにNFC、USB、LightningのFIDO2準拠のセキュリティキーへのサポートを追加
• “メール”で新規メッセージをダウンロードできない場合がある問題を修正
• Gmailアカウントでメッセージを削除できない問題に対処
• Exchangeアカウントでメッセージに不正文字が表示されたり、送信メッセージが複製されたりする場合がある問題を解決
• スペースバーを長く押した後にカーソルが動かなくなる場合がある問題を修正
• “メッセージ”経由で送信されたスクリーンショットがぼやけて表示される場合がある問題に対処
• スクリーンショットを切り取ったりマークアップを使用すると“写真”に保存されない場合がある問題を解決
• ボイスメモの録音をほかのオーディオAppに共有できない場合がある問題を修正
• モバイルデータ通信設定が誤ってオフとして表示される場合がある問題を解決
• “反転(スマート)”が有効のときに“ダークモード”をオフにできない問題を修正

「iPadOS 13.2.3」 がインストールできる端末は以下のとおり。アップデートは 「設定」 アプリの[一般]>[ソフトウェア・アップデート]から。もしくはMacやPCと接続し、iTunes経由でアップデートすることも可能だ。

iPad Pro その他のiPad
12.9インチiPad Pro(第3世代)
12.9インチiPad Pro(第2世代)
12.9インチiPad Pro(第1世代)
11インチiPad Pro
10.5インチiPad Pro
9.7インチiPad Pro
iPad Air (第3世代)
iPad Air 2
iPad (第7世代)
iPad (第6世代)
iPad (第5世代)
iPad mini (第5世代)
iPad mini 4

関連記事
Apple、「‌iPadOS‌ 13.2.3」 を配信開始 システムの検索とメール、ファイルおよびメモ内の検索が動作しない問題を修正

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。