Apple、「iPadOS 13.6」 を配信開始 他社製ハードウェアキーボードの接続時にソフトウェアキーボードが表示される不具合などが解消

現地時間7月15日、Appleは一般ユーザー向けに 「iPadOS 13.6」 をリリースした。iPadOS 13に対応しているiPadは、同バージョンへのアップデートが可能だ。

正式版 「iPadOS 13.6」 がリリース

リリースノートによると、「iPadOS 13.6」 は 「iOS 13.6」 と同様にソフトウェア・アップデートのダウンロード・アップデートの自動化を個別設定できるようになったほか、特定の他社製ハードウェアキーボードに接続した際にソフトウェアキーボードが表示されてしまう不具合などが解消されている。

リリースノートは以下。

iPadOS 13.6には、iPadで発生していたバグの修正および改善が含まれます。

・Wi-Fiに接続されたときに自動でデバイスにアップデートをダウンロードするかどうかを選択するための新しい設定を追加
・iCloud Driveからのデータの同期中にAppが応答しなくなることがある問題に対処
・特定の他社製ハードウェアキーボードに接続すると、ソフトウェアキーボードが予期せず表示されることがある問題を解決
・日本語のハードウェアキーボードが誤って英語(US)キーボードとしてマッピングされることがある問題を修正
・AssistiveTouchが有効になっているときにコントロールセンターにアクセスした際の安定性に関する問題に対処
・常時接続のVPN接続によって送信されるトラフィックから除外するドメインを管理者が指定できるメカニズムを提供

「iPadOS 13.6」 がインストールできる端末は以下のとおり。アップデートは 「設定」 アプリの[一般]>[ソフトウェア・アップデート]から。もしくはMacやPCと接続してアップデートすることも可能だ。

iPad Pro その他のiPad
12.9インチiPad Pro(第4世代)
12.9インチiPad Pro(第3世代)
12.9インチiPad Pro(第2世代)
12.9インチiPad Pro(第1世代)
11インチiPad Pro(第1世代)
11インチiPad Pro(第2世代)
10.5インチiPad Pro
9.7インチiPad Pro
iPad Air (第3世代)
iPad Air 2
iPad (第7世代)
iPad (第6世代)
iPad (第5世代)
iPad mini (第5世代)
iPad mini 4

関連記事
iPad Pro 2020 レビュー | 伝えたい11インチモデルの魅力。初のマルチカメラで大胆構図の写真も
Magic Keyboard レビュー | iPad ProをノートPCに変える魔法アイテム。買うべきはどんな人?

▶︎ 新型iPad Proの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。