Apple、開発者向けに 「iPadOS 14 GM seed (18A373)」 配信開始

現地時間9月15日、Appleは開発者向けに 「iPadOS 14 GM seed」 を公開した。ビルドナンバーは 「18A373」 。デベロッパー登録をしているユーザーは、同ベータ版を利用することが可能だ。

「iPadOS 14 GM seed」 が開発者向けに配信開始

「iPadOS 14 GM seed」 はWWDC20で発表された次期iPadOSのベータ版。インストールすることで、iPadOS 14で導入される多数の新機能を利用することができる。各新機能は以下のまとめ記事から詳細が確認可能だ。

今回配信が開始されたGM版(ゴールデンマスター版)とは、一般ユーザー向けに配信される正式版とほぼ同じバージョンになっていて、GM版で大きな不具合などがなければそのまま正式版としてリリースされることになる。ちなみに、正式版のリリースは現地時間9月16日(日本時間17日)になる予定だ。

iPadOS 14 beta 配信履歴 

iPadOS 14.0
iPadOS 14.0 beta 1 (18A5301v) – 配信日2020年6月23日
iPadOS 14.0 beta 2 (18A5319i) – 配信日2020年7月8日
iPadOS 14.0 beta 3 (18A5332f) – 配信日2020年7月23日
iPadOS 14.0 beta 4 (18A5342e) – 配信日2020年8月5日
iPadOS 14.0 beta 5 (18A5351d) – 配信日2020年8月19日
iPadOS 14.0 beta 6 (18A5357e) – 配信日2020年8月26日
iPadOS 14.0 beta 7 (18A5369b) – 配信日2020年9月4日
iPadOS 14.0 beta 8 (18A5373a) – 配信日2020年9月10日
iPadOS 14.0 GM seed (18A373) – 配信日2020年9月16日

「iPadOS 14」 がインストールできる端末は以下のとおり。「iPadOS 13」 がサポートしていた端末と同じだ。

また、本日発表された 「iPad Air (第4世代)」 「iPad (第8世代)」 はもちろんサポート対象となっていて、出荷の段階でインストールされてユーザーの手元に届くものと思われる。

iPad Pro その他のiPad
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 11インチiPad Pro(第1世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad Air 2
  • iPad Air (第3世代)
  • iPad Air (第4世代)
  • iPad (第5世代)
  • iPad (第6世代)
  • iPad (第7世代)
  • iPad (第8世代)
  • iPad mini 4
  • iPad mini (第5世代)

関連記事
iOS 14・iPadOS 14が正式発表。すべての新機能をまとめてみた
「iOS 14」 と 「iPadOS 14」のサポート端末まとめ。初代iPhone SEもサポート継続

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。