iPad Pro(2021)のRAM容量制限、iPadOS 15で緩和される可能性

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

iOS 15/iPadOS 15では、ひとつのアプリで利用できるRAM容量の制限が緩和されることになるかもしれない。Appleがデベロッパー向けに公開したiOS 15/iPadOS 15の文書に、上記の内容が記載されている。

ひとつのアプリが利用できるRAM容量の制限が最大5GB

iPad Pro(2021)では、ストレージ容量によってRAM容量が異なっており、ストレージ容量が128GB・256GB・512GBのモデルは8GBのRAMが、ストレージ容量が1TB・2TBのモデルは16GBのRAMが搭載されている。

イラスト制作などメモリを大量消費する作業をするユーザーの中には、このRAM容量の違いからあえて1TB・2TBモデルを購入したユーザーもいたが、先月末の時点で現行OSではひとつのアプリが使用できるRAM容量が最大5GBに制限されていることが判明。

高額な1TB・2TBモデルを期待して購入したにも関わらず、利用できるRAM容量に制限が設けられていることを受けて、がっかりしたユーザーも多かったはずだ。

しかし、このRAM容量の制限を超えてもアプリの一部のコア機能が正常に動作するエンタイトルメントがiOS 15/iPadOS 15で提供されることがデベロッパー向け文書の内容から判明。

同エンタイトルメントに関しては、従来も一部の内部プロセスで使用できるプライベートエスケープハッチとして提供されていたとのこと。今回からパブリックでも使用できるようになったことで、サードパーティアプリもRAM容量の制限を超えて利用できるようになる可能性がある。

ただし、文書には各デバイスで利用できるRAM容量については 「os_proc_available_memory」 関数を呼び出して確認してほしいと案内しており、実際にどれほどのRAM容量が利用できるようになるのかは現時点では不明。さらなる詳細についてはデベロッパーなどからの報告を待ちたいところだ。

(via 9to5Mac)

関連記事
iPad Pro(2021)、単一アプリが利用できるRAM容量は現時点では5GBまで
iPad Pro 2021 レビュー | 新型モデルは何がスゴイ?M1チップなど性能を検証してみた

▶︎ 最新iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。