iPadOS 15、iPhoneアプリのランドスケープモード(横向き表示)に対応

iPadは今秋配信の 「iPadOS 15」 から、iPhoneアプリのランドスケープモード (横向き) 表示に対応する。長年の夢がついに実現……!

現地時間6月7日、Appleは年次開発者会議 「WWDC21」 の基調講演を実施。次期iPadOS 「iPadOS 15」 を発表した。同イベントの中で触れられてはいなかったが、同日より配信された開発者向けベータから、iPadでiPhoneアプリのランドスケープ表示が可能になっていることが判明している。

iPadでiPhoneアプリの横向き表示ができるように

これを報告しているのは、米Apple系メディア9to5Mac。同メディアは、「iPadOS 15 beta」 において、iPhoneアプリがランドスケープモード表示に対応していることを報告した。実際筆者も試してみたところ、これが事実であることが確認できた。

これまでのiPadOSはランドスケープモード時、iPhoneアプリを縦方向にしか表示できなかった(iPadを横向きに置いたとき、iPhoneアプリは横向きになる)ため、iPhoneアプリを表示する際はiPadを縦向きに直す (あるいは横に首を傾げて見る) 必要があった。

多くのアプリは、すでにiPadに正式対応していることもあり、いまこういったケースに遭遇する機会は決して多くはないものの、依然として対応していないアプリもあり、地味に多くのユーザーが困っていたはず。

(ややAppleの怠慢だった気もしなくはないが) 今秋のアップデートは、長年の夢が叶う良アップデートと言えそうだ。

関連記事
「iPadOS 15」 新機能まとめ、対応デバイスや配信時期なども。マルチタスクやクイックメモなど新機能多数
「iOS 14」 と 「iPadOS 14」のサポート端末まとめ。初代iPhone SEもサポート継続

▶︎ 最新iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。