iPadOS 16が正式発表。新機能/変更点/リリース日まとめ

現地時間6月6日、Appleは開発者向けイベント 「WWDC22」 の基調講演を実施。次期iPadOSの 「iPadOS 16」 を正式発表した。

当記事では、基調講演の発表をもとに 「iPadOS 16」 の新機能をまとめた。今秋の正式リリースまでの予習にぜひ活用していただきたい。

ステージマネージャ (M1チップ搭載iPadのみ利用可)

「iPadOS 16」 の最大の注目ポイントと言えるのが、ステージマネージャ機能。macOS Venturaで実装される新機能だが、iPadOSでも利用可能だ。

本機能はさまざまなアプリを複数同時に表示できるマルチタスク機能のひとつ。アプリの表示位置を自動で整理することで、ユーザーは各アプリの切り替えをスムーズにこなせるというもの。

画面左にアプリのサムネイルが置かれており、自由にアプリを切り替えることができるほか、アプリのウィンドウサイズも変更できるという。画面の間でファイルやアプリをドラッグ&ドロップすることもできる。

最大8つのアプリを表示できるが、iPadの画面で8つのアプリを同時に使用するにはやや手狭。しかし、同機能は外部ディスプレイの出力時にも利用でき、iPadと外部ディスプレイにそれぞれ4つずつ表示することで、より実用的なマルチタスクが可能だ。

外部ディスプレイにフル拡張 (M1チップ搭載iPadのみ利用可)

iPadOS 16は、外部ディスプレイを完全にサポートする。これまでのiPadOSではミラーリングでのみ外部ディスプレイへ出力できたが、「iPadOS 16」 からは拡張ディスプレイとして外部ディスプレイを使用することが可能に。前述のステージマネージャもより快適に利用できるはずだ。

外部ディスプレイへの出力は、最大6K解像度まで対応する。これまであった横の黒い帯もなくなり、より広い画面で作業することが可能になる。

リファレンスモード

12.9インチiPad Proのみの機能となるが、iPadをリファレンスモニターとして活用できる。12.9インチモデルのみに限定される理由は同モデルがミニLEDディスプレイを搭載しており、コンテンツの色味を正確に再現できるためだ。

リファレンスモードは単体で動作させられるほか、Sidecarを活用することでMacと共に使用することが可能。

天気アプリ

これまでiOSのみに提供されてきた天気アプリがようやくiPadでも利用可能に。UIもiPadOS用に最適化され、一覧性がある。

メッセージ

メッセージアプリの新機能により、KeynoteやNumbers、Pages、メモ、リマインダー、Safari、サードパーティアプリで共同作業や共有コンテンツの管理がより簡単に。

ユーザーがメッセージで共同作業の招待を送ることで、そのスレッドに含まれる全員が書類やスプレッドシート、プロジェクトなどに自動で追加される。共同作業中のファイルに誰かが変更を加えた場合、メッセージのスレッドの一番上にアップデートが表示され、スレッド参加者全員が確認できる。

また、メッセージアプリでは送ったメッセージをあとから編集・削除できるように。そのほか、メッセージを未読にする機能なども提供される。

共同作業アプリ

Appleデバイスを持つユーザー同士でひとつのホワイトボードを共有できる 「共同作業アプリ」 がリリース予定。テキストやドキュメント、写真や動画などのファイル、WEBサイトへのリンクを置くことができるほか、Apple Pencilで書いた文字や絵を置くことも可能。共同作業アプリはiPhone、iPad、Macで2022年後半より利用可能になる。

メールアプリ

メールアプリでは、特定の時間にメールを送信するよう予約しておける送信予約機能や、相手にメールが届く前に送信を取り消す機能、フォローアップのために送信済みのメールを受信ボックスの一番上に移動するなどの機能が利用できるようになる。

「あとでリマインダー」 機能を使えば、すぐに対応できない重要なメールに対して、メッセージを任意の日時に再表示できる。また、添付ファイルなどの重要な内容を入力し忘れた場合に通知を受け取ることもできる。

メールの検索精度も向上しており、入力ミスの修正や同義語の使用などによって、より正確な検索結果が出せるようになっている。

写真アプリ

写真アプリに、最大6人のユーザーと共同で利用できる 「iCloud共有写真ライブラリ」 が登場。家族や友人と写真を追加したり、編集するなど共同で管理できる。

各ユーザーは、個人のライブラリから写真を共有したり、日付もしくは写真に写っている人をもとに共有することも可能。Bluetoothによる近接検出や 「For You」 の共有の提案を使って追加することもできる。

テキスト認識表示

システム全体で画像内のテキストを認識する 「テキスト認識表示」 が動画でも利用できるようになる。

ビデオを一時停止すると表示されているテキストが認識され、ユーザーはタップするだけでテキストをコピーしたり、翻訳することが可能。

「画像を調べる」 をタップすると、画像から対象物を抜き出したり、背景を削除して対象物だけにすることもできる。また、認識機能が拡張により、鳥や昆虫、彫像などが認識できるようになる。

ホームアプリ

ホームアプリのデザインが刷新され、各スマートデバイスがより見やすく、アクセスしやすくなる。再設計されたホームタブでは、気候・照明・セキュリティなどの新しいカテゴリーが加わり、ワンタップで関連するアクセサリにアクセスできるようになった。

また、スマートホーム機器の共通接続規格 「Matter」 に対応。同規格に対応するスマートホームアクセサリとシームレスに連携できるようになるとのこと。

iPadOS 16 対応機種

「iPadOS 16」 は、9.7インチiPad Pro以降のiPad Proすべて、iPad Air (第3世代)以降のiPad Air、iPad (第5世代)以降のiPad、iPad mini (第5世代)以降のiPad miniをサポートする。iPad mini 4およびiPad Air 2のサポートが新たに打ち切られる形となる。

表にまとめると以下のとおり。

iPadOS 16 サポート端末
iPad Pro その他のiPad
  • 12.9インチiPad Pro(第5世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • 11インチiPad Pro(第3世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 11インチiPad Pro(第1世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad Air (第5世代)
  • iPad Air (第4世代)
  • iPad Air (第3世代)
  • iPad mini (第6世代)
  • iPad mini (第5世代)
  • iPad (第9世代)
  • iPad (第8世代)
  • iPad (第7世代)
  • iPad (第6世代)
  • iPad (第5世代)

「iPadOS 16」 は今秋にリリースを予定している。本日から開発者向けにデベロッパープレビューが公開されており、7月にはパブリックベータ版も公開される予定だ。

▶︎ 最新iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

(画像:Apple)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。