次期iPad Pro、筐体デザインは変わらずも4ピンの新コネクタを搭載か

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

今秋、Appleは次期iPad Proを発売すると予想されている。

次期iPad Proに関する情報は現時点でとても少なく、デザイン・筐体は現行モデルからほとんど変わらないというが、一部変更がある点として、本体側面に新たな4ピンコネクタが搭載される可能性があるようだ。

この情報を伝えているのは、国内メディアMac OTAKARA (旧:Macお宝鑑定団Blog)。中国の信頼できる情報筋から入手した情報として、iPad Proに搭載されるコネクタに関する情報を伝えている。

Mac OTAKARAによれば、現在開発されている11インチiPad Pro(第4世代)および12.9インチiPad Pro(第6世代)は、上下の側面の端に4ピンのコネクタが搭載される可能性があるとのこと。

背面のSmart Connectorは3ピン

ピン方式のコネクタといえば、iPad ProにはSmart Connectorが搭載されているが同コネクタのピン数は3。つまり、新たなコネクタとは異なるものである可能性が高い。

また、MacBook ProやMacBook Airに採用されているMagSafeコネクタもピン数は5つであることから、MagSafeが新たに搭載されるというわけでもなさそうだ。

MacBookのMagSafeコネクタ (5ピン)

この新たなコネクタが何のために搭載されるのかは不明だが、Mac OTAKARAは、iPadOS 16からApple Siliconを搭載したiPadにおいて、MacとおなじDriverKitが使用できるようになることを踏まえて、”Thunderbolt/USB-Cポートに接続する周辺機器の電源を補助するための端子なのかもしれない” と予想している。

ちなみに、筐体デザインはこれまでの噂どおり現行モデルから変更点はほとんどないようだ。

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。