9.7インチ型「iPad Pro」の「A9X」の性能は、12.9インチ型よりも若干抑えられていることが判明

ipad-compare-shot5

昨日発表された9.7インチ型「iPad Pro」だが、どうやら12.9インチ「iPad Pro」よりも少しだけ性能が低めに設定されているようだ。

Apple公式サイトの「iPadを比較」ページで「iPad Pro」のスペック比較表を確認すると、同じ「A9X」を搭載する二つの「iPad Pro」の間で、CPU性能に差が確認できる記載が発見されているのでご紹介。

二つの「iPad Pro」で、GPU性能に結構差があることが判明

Appleは、昨日のスペシャルイベントでの発表後にApple公式サイトで「iPadを比較」ページを公開しているのだが、その中で二つの「iPad Pro」が搭載している「A9X」と2世代前のプロセッサ「A7」との性能比較を掲載している。

ipadpro-a9xspec

それを詳しく見てみると、12.9インチモデルの「A9X」は「A7」に比べてCPU性能が2.5倍高速、グラフィック(GPU)性能が5倍高速となっているのに対し、9.7インチモデルの場合はCPU性能が2.4倍高速、グラフィック性能は4.3倍高速となっているのがわかる。

この数字だけ見ると、9.7インチモデルは12.9インチモデルに比べると若干だが性能が低めに設定されており、特にグラフィック性能で差がつけられていることが判明している。

性能差を設ける理由はバッテリー消費を抑えるためか

Appleがなぜ同じプロセッサで差を設けているのかについては解明されることはないとは思うが、おそらく12.9インチモデルからの低価格化や小型&薄型化をするためだったと思われる。

9.7ipad-pro1

プロセッサの性能にリミッターをかけずに最高のパフォーマンスを発揮させれば、処理は早くなるがその分バッテリー消費が早くなる。バッテリーの消費を抑えることができれば、より少ない容量のバッテリーだけで問題なくなる。その分、「iPad Pro」の小型化や低価格化につながったと考えることができるだろう。

その他、二つの「iPad Pro」間で大きな違いは少ないものの、スペックを重視する人にとってみればやはり12.9インチ型「iPad Pro」が一番の性能であることは間違いない。

ただ、より綺麗に描写する技術を導入したディスプレイを搭載したり、カメラ性能を大きく引き上げられていることを考えると9.7インチ型「iPad Pro」も非常に良い端末だ。

12.9インチモデルの高スペックと大画面を取るか、手頃なサイズ感と多機能さを取るか、どちらを選択するかはユーザーの好み次第となりそうだ。

9.7インチモデルの「iPad Pro」は3月24日(木)に予約が開始され、3月31日(木)に発売される予定だ。

▶︎Apple公式サイトで「iPad Pro」をチェックしよう!

[ via AppleInsider ]

ipad-compare-shot5
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう