新型 「iPad Pro」 の今秋登場を示唆する記述が 「iOS 12.1 beta」 から発見

9月19日に開発者向けに公開された「iOS 12.1 beta」からは、今後実装される新機能に加えて、新型端末に関する情報がいくつか発見されているが、さらに重要な情報が見つかった。

9to5Macによると、「iOS 12.1 beta」の中から新型 「iPad Pro」 が今秋登場することを示唆する記述が見つかったという。

新型iPad Proが2018年秋に登場か

9to5Macは、新しいデバイスを設定するときに実行されるセットアップアプリ内のアセットから「iPad2018Fall」という記述を発見。

記述には「iPad Pro」とは書かれていないが、この記述自体がセットアップアプリのアセットの中に含まれていることがポイント。新しいジャスチャーをユーザーに教えるために追加されたものと予想できるため、ホームボタンがなくなった新型iPad Proを指している可能性が高そうだ。

記述によると、新型iPad Proの登場は2018年の秋。早くて来月には発表イベントが開催されることになるかもしれない。

新型iPad Proは、「iPhone X」以降のiPhoneのようなベゼルレスデザインになり、ホームボタンが廃止される代わりに顔認証機能「Face ID」が搭載されると噂されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。