新型iPad Proの最新レンダリングが公開 ベゼルレスデザイン、Face IDなど全ての噂を盛り込んだ最新版

いよいよ来週の10月30日、Appleは新製品発表イベントを開催する。同イベントではこれまでずっと噂され続けてきた新型「iPad Pro」が登場するものとみられている。

新型iPad Proは従来よりもベゼルが狭くなり、ホームボタン(Touch ID)の廃止に伴い、顔認証機能「Face ID」が搭載。充電ポートはLightningからUSB Type-Cに変更になり、新型Apple Pencilも登場するなど、大きなアップデートになる予定だ。

これらの噂を再現した新しいレンダリング画像が9to5Macで公開。新型iPad Proがどのような端末になるのかイベント前にチェックするにはぴったりなので、紹介したいと思う。

新型iPad Proのこれまでの噂を反映した最新レンダリングが公開

9to5Macが公開したレンダリング画像は、デザイナーのVictor Kádár氏が製作したものになる。スリムなベゼルと、それに伴い上下左右いっぱいに画面が広がっている様子を確認することができるだろう。

画面サイズは12.9インチと11インチの2種類。12.9インチは画面サイズが変わらないものの、ベゼルが狭くなったことで本体サイズが従来よりも少し小さくなる。11インチは10.5インチから画面サイズが少し大きくなるが、ベゼルが狭くなったために本体サイズはそこまで変わらないようだ。

ベゼルが狭くなったことで、端末下にあったホームボタンは廃止に。代わりに「iPhone X」から採用されている顔認証機能「Face ID」が搭載される予定だ。iPhoneでは縦向きでしか認証ができなかった「Face ID」だが、iPadでは横向きでも認証できるようになるとの噂。

また、「iPhone X」「iPhone XS/XS Max」の端末上部は、Face IDのセンサーや前面カメラを避けて画面をギリギリまで広げるために「ノッチ(切り欠き)」デザインが採用されているが、iPad Proではこれらが全てベゼル部分に収まるため、ノッチデザインは採用されていないと言われている。

そして、端末下の充電ポートはこれまで採用されてきたLightningからUSB Type-Cに。従来まではiPadでApple Pencilを使うには充電ポートにApple Pencilを差し込んでペアリングする必要があったが、これがワイヤレスでのペアリングになるのではないかと9to5Macは予想しているとのこと。Apple Pencilも新モデルが登場するとの噂であるため、イベントではこの部分がどうなっているのかについても注目したいところだ。

10月30日に開催されるイベントでは、新型iPad ProやApple Pencilの他にも、MacBook Airの後継機に当たる13インチMacBook、プロユーザー向けの新型Mac miniなど複数の新製品が発表されると予想されている。

今回のイベントはニューヨークでの開催となるため、イベント開始が日本時間で23時からといつもより見やすい時間となっている。普段は仕事の関係で見ることができないという人も、当日は少しだけ夜更かししてライブストリーミングを視聴してみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。