新型iPad Pro (2018)のベンチマークスコアが判明?RAM容量は4GBと6GBが混在

先月30日に発表された新型「iPad Pro」の11インチ・12.9インチモデルのベンチマークスコアが早くも判明したかもしれない。

Macお宝鑑定団Blog (羅針盤)によると、新型「iPad Pro」と思わしきベンチマークスコアがGeekbench 4で公開されているとのこと。

新型iPad Proのベンチマークスコアが早くも公開?

公開されたベンチマークスコアは上記の通り。11インチモデルのシングルコアスコアは「4987」で、マルチコアスコアは「17928」。そして12.9インチモデルのシングルコアスコアは「5020」で、マルチコアスコアが「18217」だ。

このスコアは「iPhone XS/XS Max」のベンチマークスコアを大幅に上回る結果になっており、「MacBook Pro 2018」と同じか、もしくはそれ以上の性能になる。もしこのベンチマークスコアが正しいものであれば、新型「iPad Pro」は過去に例がないほどの高性能な端末であるということになる。

また、RAM容量に関して、11インチは従来と同様4GBとなっているが、12.9インチは6GBと表示されている。もしかすると今回のモデルでは11インチと12.9インチでRAM容量に違いが設けられているのかもしれない。もしくは、1TBモデルのみRAM容量が6GBになっているとの情報もあるため、このベンチマークスコアを計測した12.9インチモデルは1TBモデルである可能性もある。

ただし、Macお宝鑑定団Blog (羅針盤)も伝えている通り、このベンチマークスコアが正確なデータであるかどうかは現時点では判断することができない。そう遠くないうちに正確なデータであるかどうかは判明すると思われるため、それまでは未確定情報として頭に留めておこう。

▶︎ 新型 「iPad Pro」 の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。