新型iPad Pro(2021)のベンチマークスコア判明。先代モデルから50%以上向上、MacBook Airと同程度の性能に

今月下旬に発売予定の新型iPad Pro(2021)のベンチマークスコアが明らかになった。

米Apple系メディアMacRumorsは現地時間11日、ベンチマークサイトGeekBenchに新型iPad Pro(2021)のものとみられるベンチマークスコアが投稿されていると伝えている。

iPad Proのベンチマークスコアが判明。M1 Macと同等の性能に

今回発見されたベンチマークスコアは、iPad Pro 12.9-inch (2021) のものとみられ、シングルコアスコア1700前後、マルチコアスコアは7200前後になっているとのこと。

このスコアは、A12Zプロセッサを搭載したiPad Pro(2020)から50%以上高い数字になっており、M1チップを搭載したことで性能が大幅に強化された結果であるとみられる。

CPUベンチマーク
製品名 シングルコア マルチコア
iPad Pro (2021) 1713 7282
iPad Pro (2020) 1123 4686
MacBook Air (M1) 1705 7220
MacBook Pro (M1) 1717 7602
Mac mini (M1) 1754 7693

Intelプロセッサを搭載した上位版MacBook Proよりも高く、おなじM1チップを搭載したMacBook AirやMac miniなどと同等の性能になっている。

グラフィック(METAL)ベンチマーク
製品名 METAL
iPad Pro (2021) 20578
iPad Pro (2020) 9913
MacBook Air (M1) 19755
MacBook Pro (M1) 21452
Mac mini (M1) 21687

また、GeekBenchでさらに調べてみるとグラフィックスのベンチマークスコアも発見。Metalスコアは20,000前後。これは先代モデルに比べて2倍近く性能が向上している (MacRumorsは71%高速と伝えている)ことになり、M1チップを搭載したMacBook Pro、MacBook Air、Mac miniともほぼ同等の性能だ。

Macと同程度の性能をもつiPad Pro。まさにプロの名に相応しいモデルになっていると言えるだろう。

関連記事
iPad 2021 全モデルの性能・違いを比較。iPad Pro・iPad Air・iPad mini・無印iPad、あなたにオススメはどのモデル?

▶︎ 最新iPad Proの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。