次期iPad Proは11インチモデルにもミニLEDディスプレイが採用か。著名アナリスト伝える

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

次期iPad Proは、12.9インチモデルだけでなく11インチモデルにもミニLEDディスプレイが採用されるかもしれない。

TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏は、来年発売の新型iPad Proでは11インチモデルにもミニLEDディスプレイの搭載が計画されていると伝えた。

次期iPad Pro、11インチモデルもミニLEDディスプレイを採用か

Appleは今年5月に発売した新型iPad Proのうち、上位の12.9インチモデルのみにミニLEDディスプレイを採用した 「Liquid Retina XDRディスプレイ」 を搭載している。

ミニLEDディスプレイは、通常のLEDよりも小さな発光ダイオードをバックライトに使用する次世代ディスプレイのこと。12.9インチiPad Proには1万個を超えるLEDバックライトが使用されていて、最大1,000ニトのフルスクリーン輝度や100万対1の驚異的なコントラスト比を実現している。

Kuo氏は最新の投資家向けレポートの中で、このミニLEDディスプレイが2022年に発売する次期iPad Proの11インチモデルにも搭載される計画であると伝えている。

現行の12.9インチiPad ProはミニLEDディスプレイを採用したことで確かに画面は綺麗になったものの、本体サイズが大きすぎて持ち運びに適さないという理由から11インチモデルを選んだユーザーが存在するのも事実。

コンパクトで持ち運びに優れる11インチモデルにミニLEDディスプレイが採用されることで、iPad Proを持ち歩いて使うことが多いユーザーもミニLEDディスプレイの恩恵が得られるようになるはずだ。

(via MacRumors)

関連記事
iPad Pro 2021 レビュー | 新型モデルは何がスゴイ?M1チップなど性能を検証してみた
iPad 2021 全モデルの性能・違いを比較。iPad Pro・iPad Air・iPad mini・無印iPad、あなたにオススメはどのモデル?

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。