大手ケースメーカーも次期iPhoneを 「iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max」 と表記 背面のリンゴマークは中央に寄る模様

次期iPhoneの名称は 「iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max」 でやはり決まりか。

大手ケースメーカーSpigenが、次期iPhone向け保護ケースを用意していることが判明。このケースのパッケージに、次期iPhoneの名称を記載していることがわかった。著名リーカー Ben Geskin (@BenGeskin) 氏が伝えた。

やはり次期iPhoneの名称は 「iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max」 に?

以下がBen Geskin氏が公開した画像。Spigenが販売予定の次期iPhone向けのパッケージを撮影した写真とみられるが、パッケージ下に次期iPhoneに各ケースを装着した際のイメージと、対応する次期iPhoneの各モデルの名称が記載されていることが確認できる。

この記載から次期iPhoneは3モデル用意されており、デュアルレンズカメラを搭載するエントリーモデルは 「iPhone 11」 、トリプルレンズカメラを搭載するハイエンドモデルは 「iPhone 11 Pro」 「iPhone 11 Pro Max」 と呼ばれる予定であることがわかる。

上記パッケージはあくまで現時点のリーク情報をもとに作ったものである可能性もあるが、一方でSpigenのような大手ケースメーカーは独自の情報網から次期iPhoneの特徴や名称を入手している可能性がある。さらにSpigen以外にも多数のサードパーティメーカーも 「iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max」 の名称を使用していることから、今年のiPhoneの名称はこの3種類である可能性が極めて濃厚だ。

ちなみに次期iPhoneには背面に四角形のカメラモジュールが搭載されることが分かっているが、それ以外にも背面には変更が施される模様。

その変更箇所は背面のリンゴマークの位置。これまでは背面の比較的高い位置に配置されていたが、今回は背面のほぼ中央に配置されることになるようだ。

背面中央にAirPodsなど他デバイスをワイヤレス充電できる (SamsungのGalaxyシリーズで言うところのワイヤレスパワーシェアのような) 機能が搭載されると噂されているが、そのワイヤレス充電できる位置の目印として、Appleのロゴマークを使用するのではないだろうか。

他デバイスをワイヤレス充電できる機能については、今回発表される次期iPhoneのメインの新機能の一つになる可能性が高い。発表を楽しみにしておこう。

関連記事
新型iPhoneの名称は 「iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max」 で確定的か iOS 13.1がインストールされた状態で出荷?
「iPhone 11」 シリーズの発売スケジュール:予約開始は9月13日(金)、発売は9月20日(金)

iPad mini Wi-Fi 64GB - スペースグレイ (最新モデル)
Apple(アップル) (2019-03-28)
売り上げランキング: 503
Apple iPad Air (10.5インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ (最新モデル)
Apple(アップル) (2019-03-28)
売り上げランキング: 356
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。