次期iPhoneのフロントパネルがリーク 新型3モデル全てに顔認証機能「Face ID」が搭載へ

Appleはまもなく3つの新型iPhoneを投入する計画だ。

その3つとは、有機ELディスプレイを搭載した「iPhone X」の次世代5.8インチモデルと、その大型6.5インチモデル。そして、液晶ディスプレイが搭載された6.1インチモデルの3つ。

新型モデルは今秋に同時に発表されることが予想されているが、これらの端末のフロントパネルを撮影した画像が、著名リーカーの手によって流出した。

3つの新型iPhone全てに顔認証機能Face IDが搭載か

以下が公開された画像。同画像をアップしたBen Geskin氏によると、これは2018年に発売予定の新型iPhoneのフロントパネルを撮影したものだという。

左から5.8インチモデル、そして6.1インチ液晶モデル、そして一番右が6.5インチモデルだ。

このフロントパネルを見ればお分りいただけるように、次期iPhoneは全てホームボタンが廃止され、端末上部にノッチが設けられたベゼルレスデザインが採用。そして、これらがフロントパネルの全貌であれば、左から順に端末サイズが大きくなっていることになる。つまり、最も小型モデルはiPhone Xの次世代モデルということになる。

また、注目していただきたいのは、間に挟まれた6.1インチ液晶モデルのフロントパネルだけ、わずかにベゼル幅が広くなっているということ。なぜこのようになっているのかは現時点では定かではないが、これまでの情報などから6.1インチ液晶モデルは低価格モデルになると言われていることから、察するに液晶画面でベゼルレス仕様にするためには、ベゼルの幅を他よりも広く取る必要があった。もしくは、コストを少しでも抑えるために、ベゼルをギリギリまで削ることをしなかったのかもしれない。

ただ、いずれも確信が持てるのは、全てのiPhoneにベゼルレスデザインが採用され、Touch IDではなくFace IDによる生体認証がデフォルト化するということだ。

そろそろ次期iPhoneの情報が増えてくる頃で、これからもこういった情報が増えてくるはずだ。新型iPhoneの購入を検討している方は今後の情報をチェックする必要があるだろう。

【追記】2018.07.17 20:31
SlashLeaksからも次期iPhoneのフロントパネルを撮影した画像がリークされている。画像は以下。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。