2019年のiPhoneはFaceID用赤外線センサーと内向きカメラが統合か ノッチが小型化するという話も

以前の情報通り、来年発売するiPhoneは画面上部のノッチが小型化するかも。

これまで数多くのリーク情報を提供してきた著名リーカーBen Geskin氏が、Appleは2019年のiPhoneの試作機を開発しており、内向きカメラと顔認証のために使用されている赤外線センサーが統合されたものが存在するとツイート。

さらに、カメラと赤外線センサーの統合によって、大きく場所を取る必要がなくなったためか、「iPhone XS/XS Max」にも存在するノッチ(切り欠き)が小さくなると伝えている。

2019年のiPhoneはノッチが小型化

Geskin氏によると、あくまでも試作機の一つであるとのことなので、信ぴょう性については不明だが、以前にも同様の情報があったことから、次期iPhoneは小型化したノッチが特徴になる可能性があるだろう。

ちなみに、2019年発売のiPhoneは、USB-Cポートが搭載Apple Pencilが使えるようになる3倍光学ズームに対応したトリプルレンズカメラを搭載するなど、大幅な進化が予定されていると噂。ただし、まだ発売まで1年近くあることもあり、これらの噂すべてが実現するわけではないはずだ。

今年、「iPhone XS/XS Max」や「iPhone XR」の購入を見送った方は、ぜひ次期モデルに関する情報に注目を。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。