次期iPhoneは完全ベゼルレス?ノッチが存在しないiPhoneをAppleが試作

次期iPhoneは大幅にデザインが変更されると各方面から予想されている。その中で、一部情報筋からは画面上部の切り欠き (ノッチ) が現行モデルから小型化するような話が出ているが、Appleはそもそもノッチ自体を廃止する完全ベゼルレスデザインを採用する可能性もあるようだ。

次期iPhoneはノッチデザインを廃止し完全ベゼルレスに?

著名リーカーBen Geskin (@BenGeskin) 氏が、来年発売予定のiPhoneの試作機のひとつをTwitterで投稿した。これによると、これまでノッチに内蔵されてきたTrueDepthカメラなど各種カメラ・センサーは極狭のベゼルに内蔵され、ノッチ自体が廃止されていることが確認できる。

あくまで試作機のひとつでしかないものの、一部ユーザーから不満の出ているノッチに対して、Appleが根本的な対策に取り組んでいる可能性があるようだ。

ちなみにBen Geskin氏によると、この試作機は6.7インチのディスプレイを搭載しているとのことから、iPhone  11 Pro Maxの後継機種とみられる。

関連記事
2020年のiPhoneは5.4・6.7インチの有機ELディスプレイ搭載 6.1インチの廉価版を含めた3モデル体制に
iPhone 11 Pro レビュー | 3眼カメラを搭載した初プロモデル。14万円の価値はあるのか考えてみた

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。